イベント&練習会

2019/01/27()

イベント&練習会レポート

岡山店

分かりやすいランニングセミナー開催しました!

いやー、どうも。高木でございます。

待ちに待ったランニングセミナーが1月27日に開催されました。

コーチは、イケメンの沖和彦コーチです。

当日は快晴の絶好のコンディションでした。

ニュートンのシューズのためし履き会も同時開催です。

最近は私はこのシューズしか履いていません、ランナーのレベルに合わせて様々なラインナップがありますが、今の私の実力にぴったりの練習レベルのものをチョイスしていますが、かなりいい感じです。

まずは、沖コーチから、今回のテーマであるいかに頑張らずに速く走るか?いかに体に負担を残さずに走って行くか?ということをテーマに分かりやすく説明していただきました。

フォアフットという言葉がありますが、あまりにその言葉だけが独り歩きしているような気が個人的にはします。

そういう言葉ではなく、もっとわかりやすい言葉で沖コーチは教えてくれました。

私なりに解釈すると、脱力と、体の真下で着地するということ。

これは、実は自転車のぺダリングとほぼ同じである?ということも今回感じました!

バイクで引き足といいますが、別に足を引っ張るわけではないんです。

バイクの引き足=脱力!!これがランニングも一緒ということなんです!

それと、真下で着地する、はバイクでいうと体重をペダルにまっすぐ乗せる、これを交互に繰り返すこととほぼ同じです。

お話のあとは実戦です。

↑↑これは何でしょうか!(笑)だいの大人が30人も集まっていろんなことを公園で行いました(笑)

写真を撮り忘れましたが、最初はゾンビ走りを行いました。

ゾンビになったつもりで、手を前にだらんと出して前のめりでふらふらと前に進みます。

これがフォアフットなんですね!何も知らなかったら何をしているか分からないですが、知識だけはいろいろ仕入れている私はこのドリルがとっても気に入りました。わかりやすい!

その次が、

まって!!いかないでーーー!です。(笑)

沖コーチから、俳優になりきって!!とカツが入ります!

みなさん真剣に演じます!

まってーーい・か・な・い・でーーーー。

腕を伸ばすほどに前に体重が自然に乗り(まあ正確には真下!ということですが)フォアフットになります。

スキップの練習とケンケンの練習もしました。

この練習はもろにフォアフットです。

今回は自分のランニングフォームを一人一人撮影していただき、沖コーチから一人一人にコメントしていただけるというすんばらしいこともあったのですが、

自分のフォームをみて、一目でダメだこりゃと思いました。

見事なまでに、完全にかかとから着地しておりました。

やってみればすぐわかりますが、ケンケンやスキップは、かかと着地ではできません。

上手に足首のばねを使って、地面に着地した時の反動を使う感覚を理解するのに役立ちました。

私は腕振りや上半身の使い方をかなり意識して走っていましたが、それは間違いだということも分かりました。

腕は振るものではなく、結果的として振られるもの、つまり体の使い方が正しければ自然に振られている、もっと大事な基本が、腕振りの前段階にあるということです。

今回は、私的には、とにかく脱力と体の真下で着地する!です。

脱力しているかは、足首の角度で分かります。

ぺダリングでアンクリングという言葉がありますが、まさにそれです。

足首を、かるーく固定して、同じ角度でこぐのが自転車ではいいとされていますがそれとまったく同じです。

私の場合、ランニングでは、無意識にアンクリングしてしまっていました。

これは、今後改善していけばパフォーマンスアップにきっとつながると思います。

↑↑最後のしめ!はプランク!!!!

しかも連帯責任プランク!です。

さらにいちばん端っこの方はなんと、片手プランク!!隣の人たちの体重が全部掛かってきますので、これはヒジョーにきついはず!!写真はないですが、実は、私もやらされてしまいました。(涙)

と、とても楽しく、かつとてもためになるランニングセミナーでした。

沖コーチ、そして段取りをしていただいたスタイルバイク本田さん、まことにありごとうございました!

大好評につき、さっそく次回も計画中です。

今度は今年の秋ごろを予定しております!

ニュートンシューズも今回大好評で、たくさんのご予約をいただきました。ありがとうございます。

私は、2月末開催の吉備路マラソンに向けてたくさん得ることがありましたのでしっかり生かして本番に臨みたいと思います。

ご参加のみなさん、ありがとうございましたーー!!

EVENTSイベント&練習会

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報