2022/07/03()

メンテナンス

総社店

メンテナンスもお任せください。

今回はロードバイクのメンテナンスのお話です。

一見、綺麗に見えるロードバイクも、ばらしてみたら内部のグリスが切れていたり劣化したりしていることがあります。

↑↑自転車でもっとも力が掛かる箇所である、BBのチェックを行います。

BBにガタがないかチェックしてグリスアップします。

↑↑ヘッド部分もフォークを抜いてグリスアップします。もちろんガタがないかチェックします。

↑↑↑前後ホイールのハブ部分も分解洗浄しグリスアップです。

今回の車体はハブのグリスが劣化し固くなっていました。こうなると当然回転性能も下がってしまいます。

古いグリスを完全に除去し新しいグリスを注入します。

 

今回お預かりした車体は左のレバーのシフトのケーブル巻取り不具合があったためレバーの一部を交換しました。

シフターを分解し、根本側のみ交換します。

こうすることで費用も全部交換するよりずいぶんと安く済みますからね。

専用工具で、軸を止めているCリングを外して、レバーを分解します。

あとは、新しいものを組み付けてレバーは完成です。

 

メンテナンスもいろいろなコースをご用意しています。

詳しくは店舗スタッフまでお気軽にご相談ください!

今日はこんなところです。ではまた!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報