2022/04/29(金)

おすすめアイテム

総社店

全てが地球に還るアイウェア【Bio See】入荷 倉敷・総社でロードバイクならWAVE BIKES

こんにちは。

今年も四月がもう終わります。

 

今月で創業30周年を迎えそれを機にSDGsの宣言もさせていただきました。

 

※詳しくはこちら↓↓

自転車が環境にやさしい乗り物であることも注目されていますが、特にWAVE BIKESでメイン取り扱っているブランド【TREK】の取り組みも注目されています。

トレックは、米TIME誌「世界で最も影響力のある企業100選」の2022年度版に選出されました。「世界で最も影響力のある100人」で広く知られる同誌は、2021年より企業版の発表を開始。世界各地の編集者、特派員、業界専門家から推薦を受けた何百もの企業を、影響力 / 革新性 / 先進性 / 成長性といった項目で評価して最終選定しています。

気候変動が深刻化する中、バイクブランドで唯一サステナビリティ活動に積極的に取り組む トレックの姿勢が高く評価されました。

また、自社の二酸化炭素排出量の調査結果を公開し、環境不可を減らすための下記の取り組みを紹介している、昨年公開の「サステナビリティレポート2021」が特に注目でした。

トレックの取り組みのひとつとして、ボトルケージ・グリップ等の一部製品で漁網の再利用素材を使用。海に大量に廃棄される漁網は、自然に分解されず海洋生物に悪影響を与え、大きな問題となっています。トレックは漁網の再利用により、海洋プラスチックの削減に取り組んでいます。

 

 

前置きが長くなりましたが、WAVE BIKES としてもできることはないかといくつか取り組みを始めています。

バイクやパーツの梱包材の再利用などもそうですが、今回は自然に優しいアイウェアのご紹介です。

Don’t PANIC Bio See

今回取り扱いを始めたのはアイウェアブランドのDON'T PANICです。

ペットボトルの再利用でメガネフレームを作成したり、レンズが生分解性を持っている地球にやさしい製品づくりに取り組んでいるブランドです。

 

そして新たにフレームもレンズもが生分解される地球にやさしいアイウェアが発売されました。

 

その名もBio See(バイオシー)!!

 

フレームは木材やコットンリンター(綿花採取後の産毛状繊維)からつくられ、金属パーツは一切使用していません。

 

海洋中で分解するには釣り糸で600年、ペットボトルで450年かかるといわれていますが、このBioSeeフレームは1~3年で分解され地球に還るつくりになっています。

 

レンズも生分解性バイオプラスチックを使用し、微生物によって分解され二酸化炭素や水、バイオマスまで分解されるので、通常のごみと同じように処理していただけます。

 

 

 

 

ラインナップも色々

サングラスのタイプをはじめ、調光モデル、老眼鏡モデル、ブルーライトカットモデルなど様々な種類があるので、普段使いにピッタリです。

 

お車の運転や読書、スマホやPCに触れる時にも活躍すること間違いなしです。

 

店頭に展示してますのでぜひかけ心地も試しに来てください。

 

さらに詳しく知りたい方は以下のHPをご覧いただければと思います。

↓↓

DON'T PANIC HP

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報