2022/01/26(水)

初めて&初心者の方向け

総社店

初心者向け!シューズとペダルの話!倉敷・総社でスポーツバイクならWAVE BIKES

より速く、より楽に

こんにちは、たまちゃんです

 

今回は始めたての方や、これからスポーツバイクを買おうかなと思われている方向けの話をさせていただきます。

さて皆さん、ロードバイクでより速く、もしくは、より速く走るために便利なアイテムをご存知でしょうか?

じつは、これらにおいて最もと言ってもいい大事なアイテムはペダルとシューズです。

どうして重要なのか、そして、無駄のない買い方をご紹介していきます!

ペダルから足が離れない!?

さて、スポーツ経験がある方なら大体の方は専用のシューズを買った経験がないでしょうか?

サッカーや野球、バスケ、陸上競技、etc・・・あらゆる競技にそれ専用のシューズが存在します。

僕は、中学に卓球、高校では登山(登山自体には1mmも興味はありません)をしていましたがやはりそれらであっても専用のシューズがありました。

競技をするにあたって最大のパフォーマンスを発揮するための条件はそれぞれ異なります。

例えば卓球なら靴自体の軽さと体育館などに使われる床材を適度にグリップするソールが必要ですし、ランニングなどは、ソールの厚さやカーボンの有無、通気性、重量、紐などなど

 

では、ロードバイクのシューズにおいて最大のパフォーマンスを発揮する最低条件とは?

それは、ペダルとシューズがくっつくことです笑

↑ほれこの通り

 

普通に考えて、ペダルから足が離れないなんて怖いと思われるでしょうが実はそうでもありません。

足をひねると簡単に外れますしね(経験者はみんなそういう・・・笑)

 

専用のシューズとペダルを使うメリットはざっくり以下のとおりです。

・踏むときだけじゃなくて足を上に引き上げるときにも力を加えられる→より効率的にペダリングができる

・踏み外すことなく常に力のかけやすいところで踏み込める

・膝がブレにくいので膝を傷めにくい

・靴底が硬いので踏む力が逃げにくい

・足が中で遊ばないように固定できる

・空気抵抗が少ない

 

特に、踏むときだけでなく足を引き上げる際にも力を加えられるのでペダルが軽く感じられます。

 

みなさんがよく心配される立ちごけですがそんなにしません。

立ちごけするかもと心配しているうちは、ペダルを外すことしか皆さん頭にないのでしっかりと外す事ができます。

むしろ、慣れてきはじめのときに油断して外し忘れ倒れることが多いです笑

どっちにすべきかは目的次第

さて、シューズとペダルの規格にはざっくり分けて2つあります。

一つはオンロード用のシューズとペダル

です。

ロードバイクは基本的にこちらの規格を使われる方が多いです。

特徴としては、

・ペダルもシューズも軽い

・踏面が大きい(力を入れやすい)

・歩きにくい

 

写真を見ていただくとわかりやすいですが靴の底につけるクリートと呼ばれる部品がある関係上、地面との接地面積が少ない上につま先上がりになるので非常に歩きにくいです。

ですが、歩きにくいと言っても慣れれば歩けますし、何よりそんなに自転車を降りて歩くことのほうが少ないので歩きにくさはあまり気にする必要はないかなと思います。

もうひとつはオフロード用のシューズです。

こちらは、MTBやシクロクロスなどで主に用いられる規格ですね。

こちらは、ある程度歩くことを想定していますので、ソールが厚かったり、そもそも普通のスニーカーと変わらないようなものもあったりします。

特徴としては

・歩きやすい

・普通の靴と同じようなものもあるので買い物や通勤など普段遣いもしやすい

・重い

 

ロードバイク=オンロード用のシューズとペダルと思われる方もいらっしゃいますが関係ありません。

うちのスタッフにもオフロード用のペダルとシューズをロードで使っているスタッフもいます。

ね?北尾さん

 

僕も実際に通勤で使っている自転車はオフロード用のペダルにしています。

 

 

要は自転車だけを乗ることが目的なのであればオンロード用の規格、自転車だけでなく散策したり普段遣いしたりするならオフロード用の規格をおすすめします。

最初のうちは怖いですよね

メリットはわかったけどロードバイクすら初めてなのにいきなり専用のシューズとペダルは怖い!という方もいると思います。

でも、そうなってしまうとロードバイクにはペダルが付属いていないので余分なフラットペダル(ママチャリについているようなペダル)を買う必要があります。

 

でもそうすると後々、専用のペダルに替えるときもったいないですよね?

そんな方におすすめなのがクリートアダプターです。

 

オンロードとオフロード用のペダルどちらでも片面フラットペダルにしてくれます。

価格も1,320円(税込)とフラットペダルを買うことを思えばお安い!

 

 

こちらを使ってなれるまでは普通の靴で乗り、慣れてきた頃に靴を買い揃えて専用品に移行する・・・・なんて無駄がない!!

 

また、こちらであればつけ外しが特に専用の道具がなくてもできますので通勤に使う平日はフラットペダルにして、週末本格的にライドに出かける際は外して専用の靴にチェンジ!というようなトリッキーな使い方もできます!

まとめ

短い距離を乗るのであれば専用品を使うほどではありませんが距離が10km以上になってくると圧倒的にペダルとシューズがくっつく専用品のもののほうが快適になります。

これは間違いないです。

 

なので、せっかくロードバイクを買われた、もしくは、買うときにはこういったペダルとシューズもご一考いただければと思います!

 

ではまた!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報