2021/11/23(火)

メンテナンス

岡山店

総社店

シクロクロスシーズン!! MERIDA Mission CX完成!!

みなさんこんにちは。 先日通勤中にいつも前を通り過ぎるラ○ホテルから出てきたであろう車がホテルのすぐ目の前の溝に前輪はまって身動き取れなくなってるのをみて、よりによってそんな所で落ちんでも・・・とものすごい切ない気持ちになった草井がお送りいたしますWAVEBIKES岡山店スタッフブログのお時間です。

 

そこでだけは脱輪してはイカン(泣)

 

本日はこちらのご紹介。

「MERIDA  MISSION  CX

 

私が総社店時代に販売させていただいて、パーツが揃ってなかったりでまさに床の間バイクとなっていたフレームを今回完成させてましたのでご紹介。

今回はほぼほぼフレーム以外はもともとのバイクからの載せ替えになりました。

 

「CX」の名前の通り、完全なシクロクロス車で厳密に言うとロードではないのですが、 今回はシクロクロスをオールロード化すると言うコンセプトの元パーツをアッセンブルしていきました。

シクロクロスの特性上タイヤ幅は33Cのブロックタイヤを基本に設計されておりますので、クロスバイク並みのタイヤを入れて街乗りも可能としますが、

 

今回はもともとのロードバイクのパーツを使用いたしますので、タイヤはPIRELLIの25Cを装着!!

 

PIRELLIは25Cと言いながらもやや縦に長かったりで、フレームスレスレになりがちですが、そこは流石のシクロクロス。余裕のクリアランス!!

今回メインコンポは安心と信頼のシマノ「デュラエース」ですが、所々ミックスな仕様で組ませていただきました。

せっかくのオフロード走行可能なフレームなので、レバーはシマノGRXの電動レバーに。

 

独特な形とレバー表面の処理がオフロードでのグリップを産みます。

通常のロードレバーと比べるとこの通り。

小ささではロードには劣りますが、所々エッジが効いていたり、ちょっとボディーが長かったりする分GRXの方が個人的には持ちやすく感じます。

余談ですが、このGRX僕にはこれに見えてしょうがない↓↓

似てません??(笑)

 

それはさておき足回りは定番と言ってもいい。こちらを装着。

『レーシングカーボンDB

迷ったらBORA・速く走りたいならレーゼロ。とはよく言ったもので。

 

反応よくてよく転がる。非常に弱点の少ないロードホイールです。 

 

今後太めのタイヤを装着する際はホイールを別で用意する予定ですが、しばらくはオンロード運用ということで、こちらもロードからそのまま乗せ替え。

ドライブトレインは、今後ギア比見直しの可能性もありますが、とりあえずロードバイクそのまま。

 

フロント50-34t リア11−30tでとりあえず完成。

 

ハンドル・ステム・シートポストの3点はいずれも「シマノPRO  VIBE」シリーズにて統一。

 

プロも使ってるシマノPRO。

剛性命のスプリンターや、かのチームイネオスでの使用歴もある高品質ブランドです。

 

なよっちいハンドルに嫌気がさしたらあなたもシマノPROをお試しください!!

ちなみに僕はあまりの硬さに道の悪い下りで、弾き飛ばされそうになりました(笑)

と、言った感じで今回も無事完成!! ロード色強めですが今後幅広く遊んでいただける一台が仕上がりました!!

 

皆様も組み替え。 グレードアップ。 メンテナンスなんでもご相談ください。

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報