2021/09/08(水)

おすすめアイテム

総社店

スラム ライバルeタップAXS ご紹介

みなさんこんにちは。 基本的にカップ焼きそばの草(火薬)は入れない派なのに今日お昼に食べた日清のカップ焼きそばにはなぜか火薬が元から入ってるタイプだったのでテンションが下がった草井がお送りいたしますWAVEBIKES岡山店スタッフブログのお時間です。

ジーザス。 素焼きそばが最高です。

本日はこちらのご紹介。

「TREK EMONDA  SL6 e Tap」

 

少しずつ発表されていく2022年モデルの限定完成車として入荷しておりました。 エモンダSLの完成車でございます。

 

フレームカラー以外は通常のSLと共通のフレームですが今回は特別なパーツアッセンブルで完成車になっております。

限定モデルですでに完売になってますので、完成車の詳しいスペックは伏せておきますが今回は話題の新型コンポのご紹介。

 

まだ発表まもないですね。

「SRAM ライバルe Tap Axs」

でございます。

シマノ・カンパに並ぶ3台ブランドのうちの一つアメリカのスラムのサードグレードとなる電動コンポの登場です。

 

上位グレードと同じく無線電動コンポながらパーツだけならアンダー20万円で揃うハイコストパフォーマンスパーツです。

価格調整のためか、上位グレードと比べると流石に細かい仕様が省略されておりますが、ワイヤー式のコンポとは一線を隔す性能です。

まず主軸となるSTレバーは、レバーのクリアランス調整ボルトがないのとブリップスなどのスイッチに非対応となった代わりにレバーは全体的に細く、手の小さい方でも握りやすい。収まりの良い形になっております。

FD・RDは上位モデルと同じバッテリーを使用します。

前後のバッテリー入れ替えも今まで通り可能です。

 

マウンテン用のコンポから搭載される衝撃を受けた際にダメージを減らしてくれる対衝撃機能はオミットされておりますが、スプリングクラッチは搭載されており、チェーン暴れ等は軽減されます。

 

ブレーキキャリパーは大きな変更なく。 フレームに合わせたフラットマウントタイプです。

 

 

クランクはなんとパワーメーター内蔵。

 

内蔵でないモデルもございますが、完成車には内蔵モデルが標準装備です。

パーワーメーターもだいぶ裾野が広がり、一般化してきましてただのケイデンスセンサーだと思って使っている方も・・・(笑)

 

クランクはスラムのオリジナルDUB規格で、シマノの24mm軸だと剛性不足・BB30の30mm軸だと重量が・・・

と、思ったスラムが生み出した28.99mmという独自の規格。

また新しいの増やしやがって・・・と個人的には思ってましたが、慣れちゃえばやっぱり新しいに越したことはないですね(笑)

 

スラムe Tapライバル。

今からだとご予約で少々納期かかりますが、無線コンポ。

大変おすすめです!!ぜひご相談ください。

 

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報