2021/04/29(木)

おすすめアイテム

総社店

総社店は小径車も沢山!!岡山・倉敷・総社から近いスポーツバイクショップWAVE BIKES

こんにちは。

総社店の井手です。

 

WAVE BIKESで働き始める前には実は小径車(ミニベロ)に乗っていました。

某イタリアのブランドの緑色の小径車(ミニベロ)だったのですが、買った当時は自転車に乗るのが楽しくて100kmくらいのロングライドに挑戦したりもしました。

 

それがきっかけでWAVE BIKESに立ち寄り、なぜかスタッフになっていました。(端折りすぎました。。)

 

 

それは置いといて、総社店では小径車も扱っています。

総合メーカーが扱っている小径車は以前からもありましたが、小径車に特化しているメーカーのものは久し振りに取扱を再開したのだとか。

 

ということで、僕自身がスポーツバイクにハマるきっかけとなった小径車(ミニベロ)の店頭のラインナップをご紹介しながら魅力を伝えていければなと思います。

小さくてコンパクトで可愛い見た目

間違いなく小径車を紹介している記事には並ぶ言葉ですが。

当時住んでいた部屋はすごく狭かったので部屋に持って入るのにすごく重宝しました。

 

今ではピタピタのレーシングジャージを着ることにも抵抗は全くありませんが、服まで買うことになるとは思ってなかったので、普段着のまま使いやすそうなお洒落な見た目も気に入って購入しました。

 

街中に溶け込むデザインとカラーもおすすめポイントです。

意外とよく走る!

車輪が小さいのでたくさん漕がなくちゃいけないと思っている方も多くいらっしゃいますが、小径車の車輪に合わせて走りやすいようなギアの重さの組み合わせになっています。

 必要以上にクルクル漕いだりすることなくしっかり進みます!

 

 

小径車の中には車輪の大きさに種類がたくさんあります。

走る距離や場所、乗り心地、折り畳み機能の有無、持ち運びの重量など、自身のライフスタイルに合ったものを選ぶことが1番です。

 

 

気張らず、気軽に気楽に、それでもしっかり走ってくれるのが小径車です。

小径車の選び方

結局どんなバイクがおすすめかということを書いていきます。

 

ポイントは、車輪の大きさ折り畳み機能の有無です。

店頭にあるモデルを参考にオススメをご紹介していきます。

 

DAHON K3 (14インチ折畳)

 

DAHONの中でも超軽量なモデルです。

7kg台の本体重量で持ち運びが楽々!!

どこかに持って行ってぶらぶら乗るのなら間違いなくこれ!!

長距離や坂道は苦手ですが、余りある重量のアドバンテージと気軽さが最大の魅力です!!

 

とにかく軽いモデルをお探しならコレ!

 

DAHON SPEED FALCO (20インチ 折畳)

 

20インチの小径車です。

先のK3とは打って変わって、走行性能を高めたモデルです。

 

20インチには2種類の大きさの車輪があり、451と呼ばれる大きめの車輪を採用しています。

大きい車輪のため乗り心地が良く、速度の維持も楽になるのでちょっとしたサイクリングもこなせるその名の通りスピードモデルです。

 

K3に比べると重量は増えますが、折り畳めばコンパクトになるのは同じです。

家の中で保管するのも容易なので普段使いにもおすすめです。

小径車はイイ!!

普段使いからポタリングやサイクリングまで、目的の景色や食べ物、もしくはその道中に自転車を使うという自転車の本質的な楽しみ方が気軽にできるのが小径車の最もいいトコだと思います。

 

早く走ろうと思えばもちろんロードバイクの方が早く走れますが、小径車だからこそできる楽しみ方や、肩の力を抜いた遊び方が、普段の生活から切り離してくれてリフレッシュできたりするはずです。

 

自転車に乗ってパン買ってコーヒー沸かしてボーッとしてみませんか?

 

 

今日はここまで。

総社店でした。

 

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報