2021/02/18(木)

スタッフの日常

岡山店

MTBでマナーを守って楽しく遊ぼう!!

こんにちは。

岡山店の井手です。

 

コロナ禍でのアウトドアブームもあり、スポーツバイクも人気で遠くのお客様に楽しんでいただけています。

 

中でも僕が好きなMTBではスポーツとしても、アウトドアとしても、キャンプとセットでも。

山の中で密を避けることができることもあり、新たに始めたいというお声も多いです。

 

 

人口が増えるとトラブルも増えてしまうのが心配です。

当店主催の練習会ではマナーを1番にお伝えして、安全に山を走るためのスキルを身につけていただくことを目的としています。

 

 

おやすみが練習会と合わなかったり、ご参加できない方にも覚えておいていただきたいマナーやルールがございますので、今回はブログでご紹介しようと思います。

①まずはMTBの乗り方やルール、マナーを教えてくれるショップイベントや講習会に参加しましょう

マナーやルールを学んで、基本的な乗り方を学びましょう。

自分の身を守り、自然も大切にしましょう。

基本的に2〜5人くらいまでで入山し、山道の保護に努めながら楽しみましょう。

②山はMTBを乗る人のものだけではありません。

山を走っているとハイカーさんなんかと出くわすこともあります。

山の中では歩行者優先。

きちんと挨拶をしましょう。

里山はレース会場ではないのでスピードはほどほどに楽しみましょう。

レースの練習なんかは常設コースで。

③山道を保護しましょう

タイヤを故意に滑らせるような走り方はやめましょう。道が崩れます。

上りではタイヤがスリップしないようにスキルを身につけよう。

勝手に山道を改造したりしないようにしよう。

雨や雪が降った後には道がぬかるみ、傷みやすくなるので自粛しましょう。

山中のルートをインターネットに公開するのはやめましょう。(GPSデータや写真など。)

 

④きちんとした装備で走ろう

ヘルメット、プロテクター、グローブは必ず付けましょう。

長距離のライドでは救急セットやコンパスを持ち歩くのも大切です。

水分や補給食などもしっかり持っていきましょう。

バイクのメンテナンスもきちんと行い、バイクの機能がきちんと動く状態で遊びましょう。

 

かなりざっくりとした箇条書きになってしまいましたが、もっと詳しく知りたい方は下にリンクを貼っておきますので、そちらをご覧ください。

 

また、練習会ではしっかりと内容をお伝えしていますので、ぜひご参加ください。

参加希望の方はスタッフの井手までご連絡お願いします。

今日はここまでです。

 

みんなでマナーを守って楽しくライドしましょう!!

 

 

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報