2020/11/10(火)

おすすめアイテム

総社店

これならなんとか汗  まだメーカー在庫に若干余裕あり。ドマーネSL5 の話

みなさんこんにちは。 先日のしまなみサイクリングでずーっとパワーメーターと睨めっこしながら走った結果。サイクリングのはずがまずまずの強度になって次の日はもれなく筋肉痛だった草井がお送りいたします。WAVEBIKES 総社店スタッフブログのお時間です。

本日はこちらのご紹介。

「TREK ドマーネSL5 (2021年モデル)」

 

モデルチェンジして若干エアロを手いれたTREKのロングライドモデル「ドマーネSL」のご紹介です。

コロナの影響もあってかスポーツバイクの需要が高まり、ありがたいことに品切れするレベルでバイクが手に入りにくくなっておりますが、モデルチェンジが昨年だったこともあり、若干メーカー在庫のあるドマーネでございます。

 

完成車状態で32ミリ幅のタイヤが付いていたり、ヘッドとシートポストに、突き上げを減衰するISOスピードと言われる機構を内蔵していたりと、もぅぶっちゃけ軽くなるはずがない仕様のヘヴィ級バイクです(笑)

 

ただ、ISOスピードによる圧倒的快適性とロングホイールペースから来る直進安定性でロングライドに極振りしてあることからロングライドだけでなく。ブルベや短距離サイクリングでもそつなくこなします。

ハンドル周りは、ワイヤーフル内装になっていない代わりにハンドルステムは制限なくなんでも使えます。

 

サドル高さに若干縛りがあることから、フレームサイズが普段と違うものになることもあるのですが、ハンドルステムがなんでも使えるので、後から調整が可能です。

ステムは完成車だとボントレガーのステムがついてきますが、他の車種だとついてこないブレンダーのデュオマウントが標準装備。

 

マウントをご用意いただければ、コンピューターとライト等をスマートにマウント可能です。

ここはフレームサイズで変わりますが、52サイズまではSTIレバーがショートリーチバージョンが付いています。

写真のバイクも52サイズなのでショートリーチになっております。

そしてなんといってもダウンチューブのストレージボックスも大きな特徴です。↑↑

 

写真のように蓋の裏にはすでに、携帯工具(別売)が装着されております。

ダウンチューブ内部にパンク修理キット等々を収納するためのバックは元々付属しますのであとは予備のチューブ・タイヤレバー・空気入れを用意すれば出先のパンクも対応可能です。

 

とりあえず僕が声を大にして言いたいのは一つ。

 

「TREKさん。入り口がちっさすぎやしませんかっ!!」

専用のバックは出し入れスムーズです・・・

 

中身入ってなければ。中身入ってなければっ!!

大事なことなので2回いいます。(笑)

バッグはロールタイプになっており、だいたいどこに何を入れるかは指示されております。

それらを全部入れてダウンチューブに内蔵しようとすると、とんでもなく入れづらい。そして出しづらい!!

 

 

決して入らないことはないので、なるべく出番の少ないものを入れておくのがベストです。

コンポーネントは安定のシマノ105仕様。

 

クランクからブレーキまで、ダウングレードなしのフル装備です。 105以上のパーツは今のところ互換性ありなので、今後のグレードアップも安心です。

サドルももちろんボントレガー。 

21年モデルは、ロングライドに適したクッションの分厚い「VERSE」が標準装備です。

カラー・サイズにもよりますが、ドマーネSLは在庫がまだあります!! 

 

 

ぜひご相談ください!!

 

それでは本日はこの辺で。また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報