2020/09/26()

メンテナンス

総社店

ちょっとしたことで問題解決 ディスクブレーキオイルの交換について

総社店のいけどんです。

今回は最近スポーツバイクに採用されている

ディスクブレーキ。

 

今回は数年前にMTBをご購入の方が

ディスクブレーキのオイルを交換依頼。

 

数年も使用すればオイルも劣化します。

下の写真は、新しいオイルを押し込んで

古いオイルが押し出されたところ。

 

 

押し脱されたオイルを良く観ると

中にはキラキラ塊のような物が・・・

 

これが不純物。

オイル交換をして

動きもスムーズ。

 

 

今回の依頼は

ブレーキが掛かりっぱなしで

自転車が動かないほどでした。

 

修理作業はオイル交換でしたが

このオイルはDOT(ドット)オイル。

水和性があり

おそらくは長年の使用で

ブレーキオイルの中に水分が入り、この夏の暑さで

水分が膨張しブレーキが効いたままになったと考えられます。

もちろん不純物も問題です。

この症状は冬になると治ることもありますので

心当たりの方はショップにご相談くださいませ。

 

ブレーキオイルは適量で、

気泡を含まず、定期的に交換がよろしいですね。

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報