2020/09/14(月)

メンテナンス

岡山店

BORA WTOのハブメンテしました。

こんにちは。

岡山店の井手です。

 

今日もメンテ記事。
カンパニョーロの最新型のホイールをメンテしました。

 

 

ラチェット音(ペダリングをやめた時に後輪からジャーという音がするアレ。)が大きくなったと指摘をされたお客様が持ち込まれました。

ラチェット音が大きくなる原因の多くはフリーハブの中のグリス(油)切れであることが多いです。

 

グリスで潤滑されている間は音は大きく無いのですが、グリスが抜けてくるとラチェット音は乾いた音となり大きく響く音になります。

 

乗り始めた時よりもラチェット音がおおきくなったな。と思った時には一度ホイールのメンテに出していただいた方がよろしいかと思います。

 

ビフォー。

 

グリスが黒く汚れ、グリスも少なくなっています。

 

分解した細かなパーツも一つ一つ綺麗にしていきます。

アフター。

 

きれいになったところでグリスを塗布していきます。

 

肝心の写真は撮り忘れましたが←

 

 

きれいにした後にしっかりグリスを塗布しました。

例によって写真は撮り忘れ←

 

さくっと組み立てて作業完了です。

 

WTOになっても構造は変わらず細かいパーツも掃除できて良かったです。

 

ご自身がお使いのホイールも年に一度は点検に出してみてください。

 

ホイールも気持ちもリフレッシュ!

 

10万円以上のホイールを購入いただいた方にはお得なハブメンテ無料の特典などもついてきます。

 

詳しくはスタッフまで。

 

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報