2020/09/11(金)

初めて&初心者の方向け

高松店

こんなときどうするの:自転車はどの信号に従うの?

交差点には信号がつきものです。そしてその交通信号機には車両用のものと歩行者用のものとが設置されている交差点が大半と思います。

さて自転車で走っているときはどちらの信号に従うべきなのでしょうか。

自転車は「軽車両」

この連載(?)を長くご覧いただいている方ならもうお分かりですね。そう軽車両ということは原則として車両用の三色信号に従います。

 

ところが歩行者用の二色信号には「歩行者自転車専用」と書かれているものもあります。横断歩道や自転車横断帯を通るときには、この二色信号に従う必要があります。ややこしいですね。

 

 

実はもう少しややこしい現実もあります。自転車は自転車横断帯のある交差点では、それまで車道を走っていても、自転車横断帯を通らなければいけません。ところが自転車横断帯は往々にして横断歩道のすぐ横に設けられていることがほとんどです。

 

つまり自転車横断帯のある交差点を直進する場合は、車道からいったん交差点内では自転車横断帯まで左に寄って横断、その後また車道に戻るという逆コの字の進み方をする必要があります。そしてこの場合は当然二色信号に従うことになります。

それでは、このような押しボタン式の信号機がある交差点を、画面左から右へ横断する場合はどうでしょうか。

ここの交差点は二色信号が歩行者専用なので、自転車はこれに従う必要はなく、一時停止のうえ左右の安全を確認して進行することが出来ます。

またこのような交差点で、歩行者用の押しボタンを押して歩行者が横断している間に、一時停止をせずに速度を保ったまま進行する車両をよく見かけますが、二色信号はあくまで歩行者用ですので、車両には一時停止の義務があります。これはもちろん自転車も同様ですので必ず一時停止をするようにしましょう。

ということで今回は信号機についてでした。またなにか他のトピックがあれば紹介していきたいと思います。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報