2021/01/10()

メンテナンス

岡山店

定期的なシフトケーブルの交換をおススメします。

岡山店の高木です。

今回はメンテナンスのお話です。

お話の内容は、超定番なもの。

↓の写真でピンときた方は、1度や2度経験がある方ですね。

ロードバイクのリアのシフトは頻繁に使用するため、どうしてもインナーケーブルが傷みます。

その状態で乗り続けるとインナーケーブルの根元の部分(タイコといいます)から束ねてあるワイヤーが切れていきます。

束ねている1,2本が切れても分かりにくいのですが、数本切れてくると明らかに変速がうまくできなくなります。

そこでベテランの方なら、もしかしたらインナーケーブルのタイコの部分が切れかけているかな??と気づいてブラケットカバーをめくって切れてないか確認します。

数本切れている状態なら難なく交換ができるのですが、完全に切れてしまってほつれてしまっている状態になると、そのほつれた部分を取り出すのに若干手間がかかってしまいます。

今回は完全に切れてしまっている状態。これを取り出すのは個人的には嫌いではないのですが、こうなる前に気づけば単にインナーケーブルを交換するだけなのですぐに作業が完了します。

ということで今回は前者の完全に切れてしまっている状態でした (汗)

こうなると変速レバーの下側にあるカバーを外してちぎれたタイコ部分を取り出さなくてはなりません。

↑↑変速レバーを下側から見た写真です。ブラケットカバーをめくりネジを取り、その後下側のカバーを外して・・・、というふうに作業を進めていきます。

やっと樹脂のカバーが外れました。ゴムのブラケットカバーがあるおかげで毎回なかなか面倒な作業です、、。

↑↑なんとか取りだせました。こうなる前に持ってきていただくとタイヘン助かります(笑)。↓↓

ワイヤー類は消耗品です。定期的な交換をおススメします。ワイヤー以外にもタイヤやブレーキパッドやブレーキシューチェーンなども消耗品です。

交換時期が分からない方は是非一度点検に持ってきてください。

状態をチェックしたうえで、最適なメンテナンスコースをご案内いたします。

ただいまWAVEBIKES全店にてメンテナンスキャンペーンを実施中です。

詳しくはこちら↓↓

点検・メンテナンス、お待ちしています!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報