2020/08/11(火)

初めて&初心者の方向け

高松店

こんなときどうするの?:歩行者の近くを通る場合

先日歩道を走る際のポイントをお伝えしました。では車道を走っているときに歩行者がいた場合はどうするべきなのでしょうか。

基本は歩行者の安全確保のため、距離を開けて(概ね1.5m)追い越すか、徐行して脇を通過するかしなければなりません。

画像右側のように路側帯がある場合に車道を走っていても、歩行者を十分な距離が保てない場合は進路変更をする必要があります。

後続車がいて進路変更が困難な場合は徐行で通過することになるでしょう。

さらに歩道も路側帯もない場合は道路(車道)を歩行者が歩くわけですが、これは別に道交法違反ではありません。危ないなとは思ってしまいますが、私たち自転車や自動車側に歩行者を守る義務があるので十分な距離(概ね1.5m)を保つか徐行をするかして通過する必要があります。

実は本日のライド中に、3回横断歩道で止まったのですが3回とも後続の自動車は私を追い越していってしまいました。みなさんも十分ご注意くださいね。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報