2020/08/01()

おすすめアイテム

高松店

多用途な新しいサドルVerseシリーズ登場

バイクと人との接する重要なポイントであるサドル、以前「座るから痛くなる座らなければ痛くない」とかなりな極論を紹介しました。極論とはいえだいぶ真相に近いはずなのですが、そうはいっても全くサドルに触れずに乗ることはできないわけで、その形はやはり重要となってきます。

 

この度ボントレガーから、広い範囲のユーザーやバイクに適応できる形状の新しいサドルが登場しました。

その名も「Verse(バース)」

つづりは異なりますが、往年の阪神ファンにはたまらないネーミングです。

残念ながらバースに続いての「Kakefu」と「Okada」はありません、グレード展開はクロモリレールのComp(コンプ)本体8,300円、Elite(エリート)本体13,600円、カーボンレールのPro(プロ)本体22,400円と3グレード展開。

エリートはクロモリレールでもコンプよりも軽量なものを採用し、より軽く仕上げられています。

乗車姿勢はアイオロスサドルほどの前傾姿勢までではなく、グラベルロードやMTBでの用途もカバーできる多用途性を持っています。また開発に際しては男女のライダーが携わり、男女どちらでも快適に使用できる形状となりました。

 

そしてレールを長くすることで、調整範囲も広くなっています。より多くのライダーにフィットしそうですね。

またアイオロスサドル同様に、リアライトのベースを取り付けることができ、スマートにライトを装着することが出来ます。

こちらは本体価格1,000円です。お求めやすいのでサドルと同時にそろえておきたいアイテムです。

新しいVerse(バース)サドル、本日1日に入荷予定です。楽しみにお待ちください。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報