2020/07/18()

おすすめアイテム

岡山店

軽量エアロロードバイク「新型エモンダSLR」で走ってきました!

岡山店のyoshikiです。

 

ついに念願の「新型エモンダSLR」に乗りました!

まずはエモンダモデルチェンジについておさらいしておきましょう!

元々、軽量に優れ登坂性能や加速性能に定評のあるトレックのロードバイク

「エモンダ」ですが今回のモデルチェンジにより平地の巡航性能までUPしたということで今まで以上にオールラウンド性が強くなったのでは?

と人気殺到中のロードバイクです。

 

それでは早速乗っていきましょう!

 

まず漕ぎ出し!

安定の漕ぎ出しの軽さです。

また今回からフレームがディスクブレーキ専用の設計ということでより加速時の安定性が増しているように感じます。

そして加速も軽いギアで回す高ケイデンスタイプ、重めのギアでの高トルクタイプどちらでもそれぞれにちゃんと対応した加速をしてくれます。

今までは加速時も高ケイデンスでの加速が気持ちいいと個人的には感じていました。それが高トルクでの加速に対してはエアロロード特有の

ぐわぁ〜〜〜ん!という感じの伸びをしてくれます。

 

これはエアロ性能がUPしたことでトルクタイプにも対応しやすくなったのでしょう!

漕ぎ出しの次は平地の巡航ですね!

 

これが1番の変更点ですね!

フレーム、ハンドル形状の変更により巡航性能にも大きく効果が出ています。

 

今回は「アイオロスXXX2」とリムハイトの低いカーボンホイールでのライドでしたが

 

それでも十分すぎるほどの巡航性能です。

今までだと30km/hぐらいだった感覚が35km〜/hという感覚でした。

 

これに新しい「アイオロスRSLホイール」を装着するとさらに巡航性能はUPですね!

 

個人的にはホイールではRSLの方が軽いですがリム重量(外周部分)が軽い「アイオロスXXX2」を付けてヒルクライムに挑もうと思っています。

それでも十分満足できる巡航性能ということで「アイオロスRSL」にするとなんでも対応できるオールラウンドな1台になりますね!

 

最後、登坂性能です。

やはり「エモンダ」ということもあり登坂性能は高いです。

これも加速時同様シッティングタイプ、ダンシングタイプどちらでもスイスイとよく登ってくれます!

 

あとはフレーム、ハンドルがエアロになったということで今まで以上に緩斜面でドンドン登ります。

 

登ったあとは下りですね!

全体的にフレームの剛性が上がっていることもあり高速域、コーナリング、加速時、ダンシングなどどのシチュエーションにおいても安定感が増している印象です。

 

 

扱いやすいです。

 

そして最後は快適性。

カーボン素材がOCLV700→OCLV800になったことで色んなところで

 

「フレーム硬すぎるのでは?」という声もありましたがその影響はほとんど感じませんでした!

今回のモデルチェンジでも変更されなかった「シートマストキャップ」

(フレームの上からキャップをかぶせるタイプ)

を継続して採用していることによって快適性への影響はほぼなし!と言っていいでしょう。

 

BB規格が「T47」というネジ切りタイプに変更したことで踏み応えが増したのは違いとしてあるかな〜と言った感じです。

アワイチなどのように海岸線沿いなどストップ&ゴーが少ない平地基調、トライアスロンのミドルやロングでも使いたいなどのライダーにはやはりマドンSLRがオススメです。

しかしそうではない休日のサイクリングを楽しみたい、気持ちよく登りたい、ヒルクライム、ロードレース、ロングライド、トライアスロンなどいろいろな走り方をしてみたいという方には「エモンダSLR」がいいのではないかな〜と思います。

 

ぜひサイズ:52の「エモンダSLR」ありますので試乗してみてください。

 

以上、岡山店の高橋から「新型エモンダSLR」試乗車のご案内でした!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報