2020/07/11()

メンテナンス

岡山店

ディスクブレーキ台座のフェイシング

こんにちは。

岡山店の井手です。

今回はメンテナンスのお話です。

 

 

2021年モデルもディスクブレーキモデルがラインナップのほとんどを占めていますが、中にはこういった個体もあります。

 

↓↓↓

 

ブレーキの取り付け台座に塗装が残っているため、ブレーキをまっすぐつけられない状態です。

 

リムブレーキのものに比べてブレーキパッドとローターの隙間に余裕がないため、精度が求められます。

この状態でブレーキをつけてしまうとパッドとローターが延々と擦ってしまいます。

 

 

そこで、このような工具で面出し作業をしてあげます。

表面を切削し、綺麗にして真っ直ぐつくように加工しています。

綺麗になりました。

 

個体差がありますが、たまにこういった作業もしています。

 

 

久々のメンテナンス記事でした。

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報