2020/07/17(金)

おすすめアイテム

高松店

2021モデルのマドンはここが変わります。

エモンダでOCLV800カーボンが採用されるほどの大きなトピックがあったのに、マドンの2021年モデルは色が変わるだけなのかな、、、と思っていたらやはりありました、2021年モデルのマドンはOCLV800カーボン採用というビッグマイナーチェンジが行われます。

見えますか?ダウンチューブの誇らしげな「OCLV800」表記。

フレーム単体では80gの軽量化です。また'21シーズンから採用されているスモークカラーは塗装での軽量化ができなんとスモークカラーを選択することで従来の塗装から50g軽くすることができます。

そしてやはりここも変わりました、BBにはT47を採用、これで嵌め合いの弱い個体もあったBB90の弱点も解消です。

さらにエモンダでも採用された新しいアイオロスRSLハンドルバーを装着すれば、マドンの2ピースハンドルよりも160gも軽量化できます。

他にもアイオロスRSL37ホイールやスラムのDUBクランクなどを組み合わせると、2020年モデルより450gの軽量化を果たすことができる計算となります。

 

加えて一番のトピック(?)はなんと今までは最小サイズが50だったところ、47が登場したことです。今までは160cm弱からがマドンに乗れる身長でしたが、これにより150cm少し(※)からと、より小柄なライダーへと門戸が広がりました。これは日本の市場においては大きな話題ですね。いままで身長でマドンをあきらめていた小柄な皆さん、今がチャンスです!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報