2020/07/06(月)

初めて&初心者の方向け

高松店

こんなときどうするの?:自転車の「あおり運転」??

昨今「あおり運転」でのトラブルが度々報道されますが、その「あおり運転」に対して「通行妨害の目的で交通の危険の恐れがある方法により一定の違反をする行為(以降「危険行為」)」と明記した改正道交法が6月30日に施行されました。

 

そしてこのあおり運転=危険行為は自動車だけではなく、私たち自転車にも適用されるということがポイントです。

 従来自転車での摘発対象は、信号無視や一時不停止、歩道走行の通行違反などでしたが今回この「危険行為」が加わりました。

具体的には

具体的には次の「逆走して進路をふさぐ」「幅寄せ」「進路変更」「不必要な急ブレーキ」「ベルをしつこく鳴らす」「車間距離の不保持」「追い越し違反」7つが想定されています。

 

・逆走:説明するまでもありません、右側通行は自転車のみならず、自動車との正面衝突のリスクがあり大変危険な行為です。

・幅寄せ:これは歩行者、自転車(軽車両)、自動車すべてに対しての幅寄せが含まれます。

・進路変更:そもそも自転車は車道の左端、第一通行帯を走らなければいけないので、停車車両の追い越し等以外では進路変更をしないはずです。

・不必要な急ブレーキ:これは車でも同じですね。

・ベルをしつこく鳴らす:車のクラクション同様、着けなければいけませんが、不必要に鳴らしてはいけません。商店街を歩いているとよく鳴らされますが(笑)

・追い越し違反:二重追い越しや横断歩道手前での追い越しが当たります。

 

 

ひと項目あえて飛ばしました「車間距離の不保持」についてです。

自転車、主にロードバイクで走るときは、前走車になるべく近づいて走ると空気抵抗を減らすことができて楽に長く走れることは、このブログをご覧の皆様はご承知のことと思います。ところがこのドラフティングという行為は法律に照らし合わせると明らかに今回の改正道交法に定められた危険行為に含まれてしまいます。

仲間内で車間距離不保持の状態で走行していたら、列の前のメンバーが「煽られていない」とすれば民事上は何ら問題はありませんが、第三者がドライブレコーダー等で撮影した画像が証拠となったり、警察車両がその状況を見て車間距離不保持と判断したりすると刑事上の責任を問われる可能性が出てきます。

 

もちろんそれらがすべて摘発の対象になるとは当然考えにくいですが、リスクを減らす意味でも、ライド中に知らない人の着き位置に入ることは避けた方が良さそうです。もともと無言で他人の着き位置に入ることはマナー違反ですが、声をかけて着いたとしてもその見知らぬ前走車が「煽られた」と証言しない保証はありません。

 

なんだかこう書いていると世知辛い世の中になったな、、と感じてしまうのですが、そのような法律となった以上、そのリスクを避ける行動をとる必要はあるように思います。

ということで本日は改正道交法について少しお知らせしました~みなさま本日も安全ライドで、ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報