2020/07/04()

初めて&初心者の方向け

高松店

こんなときどうするの:停車車両の「追い越し」

先日、路肩のすり抜けについてお話ししたとき、「追い越し」と「追い抜き」の違いについて少々触れました。進路変更を伴って前走車の前に出る行為を「追い越し」進路変更を伴わないものを「追い抜き」といいました。

軽車両で走行しているときは追い越されるばかりで、そうそう追い越しをする場面はなさそうですが、想定される場面は路肩に停車している車両がある場合は追い越して走行することになろうかと思います。

 

この場合気を付けなければならないのは、やはり右側への進路変更を伴うため後方車両から追突リスクです。

ポイントは早めの後方確認と意思表示

車での場合でもそうですが、ぎりぎりまで我慢していると結局進路変更できずに、停車車両の後ろで止まってしまい、後続車両がすべて通り過ぎるまで待つしかありません。

ただし自転車の場合は、自動車との速度差があるため、あまりにも早くから進路変更をしていると後続車に追い付かれてしまいます。そこで大事になってくるのが早い段階での後方確認を複数回行うことです。そして後続車へは振り返ることで右への進路変更を考えているという意思表示もできます。

 

自車の速度、後続車の台数ならびに速度、これらを総合的に判断して、交通の流れを止めない「追い越し」ができることが理想ですね。

実は軽車両での追い越しはかなりの技術を要する行為なのです。

停車車両の前方に注意

追い抜きをする場合でも追い越しをする場合でも気を付けなければならないのは後方同様に、停車車両のその前です。実は横断歩道の手前30mでは車両の追い越しも追い抜きもどちらも禁止されています。当然ですが横断歩道は歩行者優先なので、実はその停車車両は歩行者のために止まっているかもしれません。

横断歩道があるかどうかは、手前に標識で示されていたり、路面に白いひし形が描かれていたりするので見落とさないようにしましょう。

 

また乗降中の路線バスでは、バスの陰から歩行者が出てくることも十分考えられます。

 

 

機敏に動くことのできるスポーツバイク、その動きが落とし穴になる可能性を決して忘れずに安全ライドを心掛けたいですね。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報