2020/06/23(火)

スタッフの日常

高松店

新型エモンダSLに乗ってきました。

梅雨の中休みでしょうか、本日もいい天気なのでライドしてきました。タカシです。

しかも乗ったのはマイバイクではなく、先日発表されたばかりのエモンダの試乗車です。

 

「最軽量」はキープコンセプトでエアロ性能を追加した新型エモンダ、確かに乗り始めて漕ぎ出しの軽さはさすがのエモンダです。中間加速も反応よく、巡航中にもう一段階速度域を上げるのも軽々です。そして今回のモデルはその上がった速度を維持することが非常に楽になりました。

さすがにマドンほどの巡航性能ではありませんが、確実に前年度モデルと比べると速度を維持しやすくなっています。前年度モデルも初代エモンダよりはずいぶんと速度を維持しやすくなったと感じたのですが、さすがトレックとしか言いようがありません。

向かった先は行きつけのランチスポット、屋島のパーラーエメラルド。春日川の土手の上が向かい風でしたが、ここでもしっかりと風を裂いて前に進んでくれます。特に初代エモンダは向かい風で足を止めると、その軽さから急に失速していたので、ずっと足を回し続けなければいけませんでした。

今回試乗したのはミドルグレードのフレーム、SLです。十分軽くてよく走るフレームですね。

コンポはR8000系、機械式アルテグラのディスクブレーキ。

実は今回のライドで一番感動したのは、エモンダのフレームよりもアルテグラの精度や剛性だったりします(笑)

というのも、アルテグラがモデルチェンジしてから、組み立てや整備で触ることはあっても、実走をしたことがほとんどなく、2回目くらいなんですね(笑)

とにかく変速の精度も節度感も非常に心地よく、「こんなによかったの?」と感動しました。

まだフラッグシップのSLRに乗っていないので断言はできませんが、SLのこの乗り味とアルテグラの出来栄えの良さで、ベストバイグレードはSL6なんじゃないかなと感じています。本体価格は40万円切っているし。

SL6を買っていいホイールを履かせる。これがおススメのエモンダの買い方でしょう。

 

 

なお乗り心地については、標準採用のサドルが私のお尻と相性が良くないので割愛します(笑)

 

ということで新型エモンダ試乗にお越しくださいねー。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報