2020/06/06()

スタッフの日常

高松店

アワーレコードをアレンジしてみました。

先日、ウィズコロナ時代の新しい乗り方としてひとりアワーレコードをご紹介しました。今日はそれよりもさらに短時間で集中してひとりでできるチャレンジをご紹介します。

ちなみに見出し画像は内容とはあまり関係なく、近くの八十三番札所一宮寺です。

タッチアワーチャレンジ

今回ご紹介するのは「タッチアワーチャレンジ」です、ひとりアワーレコードが1時間でどこまで走れるかでした。タッチアワーチャレンジは「1時間でどこまで行って帰って来られるか」にチャレンジする内容です。なので確実に1時間ほどで終えることができます。

 

まず選ぶコースはひとりアワーレコードと同じコースがやはりやりやすいでしょう。コースが決まれば後は簡単、スタートしてどこかで折り返して1時間ちょうどでスタート地点まで帰るだけです。ただしちょっとしたルールがあります。

・折り返し地点は任意

・記録は1時間経過の距離から、そこからスタート地点までの距離を引いた差

・1時間以内に帰って来てしまうとフライングで記録なし

以上3つです。

初チャレンジでは38分走って折り返してみました。

29.2km走れましたがスタート地点にちょうど、というわけには当然いきませんでした。

どれだけ誤差があったかというと、31.9-29.2=2.7km

記録は29.2-2.7=26.5kmでした。

1回目なのでいいのか悪いのかもわかりません(笑)

ちなみに翌日も同じルートでチャレンジ、ちょびっと記録を伸ばし、

28.98-2.05=26.93kmでした。

到達距離は前日より短いですが、スタート地点までのロスが少ない分記録がよかったです。

ただ1時間走り切るだけのひとりアワーレコードよりも戦略が求められますね。

まずもって折り返し地点を何分に設定するのか。それも風向きや調子によって変わってくるので、一律に決めることはできません。走りながら周囲の環境や自分の体調と対話をしながら今日はどこで折り返すのか、考えながら走る必要がありますね。

 

 

とりあえず回数を重ねればいい記録が出せるはずですが、、、。

みなさんもいいコースを見つけてチャレンジしてみてくださいね。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報