2020/06/05(金)

初めて&初心者の方向け

高松店

こんなときどうするの?:丁字路の右折

意外にも続いています、知っているようで知らない自転車の交通ルール。走っていると気になることが出てきますね。

今回は前回に引き続き右折についてですが、場面を丁字路(T字路)での右折に限ってのお話です。

丁字路です。進行方向は行き止まりになっていて、交差道路は左右どちらへも曲がれます。

車道の右側からの撮影なのは、進行方向から振り返って交差点を撮影したためです。

さてこの丁字路を右折する場合、軽車両はどのように通行するべきなのでしょうか。

このような場面では通常の十字路とは異なり対向車が向かって来ません、ということは「小回り」(※参照)ができそうです。

 

 

ところがそうではありません。丁字路の突き当りを右折する場合でも軽車両は二段階右折です。この場合もいったん画像の奥、突き当りまで行ってしまって車両の向きを右へ変え、交差道路の信号が青になってから発進です。

そして今度は先ほどの丁字路を別の方向から撮影しました。

進行道路は直進と右折とが可能な丁字路です。

言葉で表すと「丁」の左からきて下に進む場合です。

、、、

、、、

あまり分かりやすくなりませんでした(笑)

これは対向車が来る可能性があるので、従来の交差点のように二段階右折をしなければいけない感じがします。

しかし問題は十字路ではないので、二段階右折をするための退避場所がなく、右に車両の向きを変えて進行方向の信号が変わるのを待っていると、後続直進車と接触する危険があります。

果たして正解は

、、、

、、、

、、、

やはり二段階右折です。

とにかく軽車両は二段階右折なのです。

ちなみに画像の丁字路では広い歩道があるため、そこへ退避して信号待ちをすることができます。そういった退避場所の無い丁字路の場合は、通行方法を所轄の警察署へ確認してみるのがいいでしょう。

といった感じで本日は丁字路での右折についてでした。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報