2020/06/02(火)

メンテナンス

高松店

ブレーキの点検は定期的に。

先日ブレーキシューがなくなったので交換してほしいとのお持ち込みがありました。

取り外してみました。なんの変哲もないブレーキシューですが、、、

裏返すとこの通り、ウェアリミット(使用限界)を過ぎているものもありますし、4つのシューにはもれなくアルミ片が食い込んでいます。

拡大するとこの通り、あまりにも症状がひどくてカメラも目を背けたいのかピントが合いません(笑)

リムブレーキの仕組みでは先ほどのブレーキシューがホイールのリム部分(画像の銀色の部分)をつまむので、強いブレーキを長くかけることが多いとブレーキシューだけではなく、ホイールのリムの方も削れて減っていきます。

さらにその削れたアルミ片が画像の通りブレーキシューに食い込んだままになり、そのアルミ片がさらにリムを傷つけます。

跳ね上げた小石などが運悪くブレーキシューの面についた状態でブレーキをかけてもかなりのダメージがあります。雨天や雨上がりなどの路面が濡れている状況では砂や小石が張り付きやすいので注意が必要です。

いずれにしてもまめな点検が早期発見の近道です。当店お買い上げのバイクは生涯点検無料ですのでお気軽にお持ちになってください。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報