2020/04/25()

おすすめアイテム

総社店

ハイエンドクロスバイク TREK「FX s6 」

みなさんこんにちは。 さいきんウチの子供達が、「HEY Siri」にはまっていて、目を離すと僕の携帯に「ヘイ シリ!!」と叫んでいるのですが、この前「ヘイ シリ!! う○こ!!」という問いかけに対してSiriさんのお答えは・・・

 

 

 

「なんとお答えしていいかわかりません。・・・」

 

 

Siriさん意外と保守派でした(笑) だんだん学習して返答も変わっていくという話も聞いたので今後に期待している草井がお送りいたしますWAVEBIKES総社店スタッフブログのお時間です。

 

「パパが遊んでくれない。」に対しては「ソレはたいへんですね」と完全に人事でした(笑)

 

本日はありそうでなかったこちらのご紹介。

「TREK FX S6」

 

S6の「S」はスポーツの「S」通常のFXシリーズよりも、よりフィットネス性の高い走りを求める方向けのシリーズで、今回のS6はその中でもハイエンドモデルとなっております。

マットブラックボディに、見る角度で色の見え方の変わるマジョーラカラーのロゴがある個性的なカラーリングのフレームは、カーボン製

 

 

他メーカーと比べてみても、カーボンフレームのクロスバイクで完成車で販売があるところは非常に少ないです。

 

ロードバイクまでの高速巡航は求めていないけども、軽くて楽な自転車が欲しい方にオススメです。

コンポーネントは、ロード用のものが標準装備。

 

グレードは上から3つ目の「105」です。

前のギアは50ー34Tと一般的なロード用ですがリアの変速はクロスバイクらしく11ー34Tの少し幅の広いギア比になっております。

 

ロード用コンポですので、パーツ自体の重量も非常に軽量です。

そして、ロード乗りの方にはあまり馴染みのない、痒いところに手が届く。安心と安定のシマノの

 

11段変速専用、フラットバー用シフトレバー。

クロスバイクに現行のロードコンポを装着する。もしくは、ロードバイク をクロスバイク化する。ためだけに生まれたパーツ(笑)

 

 

僕もこれの存在を知ったときは、思わず「そんなのあんの??」と呟きました。(笑)

そしてカーボンフレームのしなりを最大限活かすためのTREK独自機構

 

Iso SPEEDも標準装備。

トップチューブとシートチューブが交わる部分をしならせることで微振動を軽減し、快適性を向上させる効果があります。

今回はポジションの関係でステムのみ純正から変更しておりますが、ハンドル・グリップは振動吸収性を高めたボントレガーのクロス用の物が付属します。

 

バーエンドの付け辛さと、グリップの寿命の短さが弱点ですが、振動吸収能力は抜群です。

ホイールもチューブレスレディ対応純正モデル「アフィニティ TLR」

 

 

タイヤはロード用のエントリータイヤ「R2」です。

 

完成車でこれが付属するのはSL6グレードから。

 

ここは走りを意識したパーツチョイスが嬉しいですね。 耐久性は高いけれども重たいクロスバイクタイヤが付属しないのは個人的には加点ポイントです。

といった感じで、端から端までハイスペックな仕上がり。

 

軽い運動から長距離サイクリングまで、様々な用途に使えます!!

 

 

fxs6オススメです( ̄▽ ̄)

 

国内在庫少なくなっておりますので、お早目にお問い合わせください。

 

 

ソレでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報