2020/04/23(木)

おすすめアイテム

岡山店

トレックのグラベルロード「チェックポイント」のカスタム第3弾

岡山店のyoshikiです。

なんと今月数回の通勤とzwiftだけにも関わらず軽く先月の走行距離を超えています(笑)

やはり家にスマートローラーを置いてzwiftライドをするようになるとローラーでのトレーニングが習慣になりますね!

 

さて今回はトレックのグラベルロード「チェックポイント」のカスタムです!

その前に前回カスタムをご覧ください。

今回のカスタムパーツはシマノコンポーネントです。

標準装備の「GRX」のコンポーネントですが「チェックポイント」にはグレードの違う物が混在しています。

 

ということで使ってみて少し気になったパーツを交換しちゃいました。

まずはディスクブレーキキャリパーです。

こちらは400シリーズのパーツが標準で装備されています。

色々と荷物を積んだりしているうちにどうしても車体重量は重くなっていきます。

その時の制動力がやや気になったため今回はブレーキパッドではなく思い切ってブレーキキャリパー毎グレードアップさせちゃいました!

そしてもう1つ交換したパーツはこちらです!

元々は600シリーズのレバーが装備されております。

今回はブレーキキャリパーを交換するしせっかくなら、、と思いこちらも810シリーズに交換!

違いはまず、ブラケットカバーの部分です。

凹凸があることでかなり滑りにくくなっております。

また、レバーの部分も600シリーズ同様滑りにくく加工されております。

あと今回交換の決め手にもなったポイントはハンドルからレバーまでの距離の調整です。

810シリーズになるとレバーへの距離をより細かく調整することができるため握りやすい位置へのレバーの調整がしやすくなります。

下ハンドルをよく握る場合、この調整はかなり重要です!

 

あと、今回ついでと言ってはなんですが、ハンドルも「3T」のグラベル向けのカーボンハンドルを取り付けました!

やや幅が広めで下ハンドルは少し開き気味になっているのがグラベル向けハンドルの特徴です。

安定性向上のためには重要なポイントです!

リムブレーキでも同じですが、やはりスピードの出るスポーツバイクではブレーキ、操作性がとても重要です。

制動力に不安を感じている方はお気軽にご相談ください。

 

もう残すカスタムは大物ですね〜(笑)

以上、岡山店の高橋からトレックのグラベルロード「チェックポイント」のカスタム第3弾でした!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報