2020/04/14(火)

メンテナンス

総社店

チェントディエチエアーだったもの(笑) 組み替えの話

みなさんこんにちは。  この前ブログの書き出しのネタがないわぁー汗

と僕が言っていると、「じゃぁ僕がネルネルネルネ買ってきて食べるんで、ブログに面白く書いてくださいよ!!」と、森君。

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むちゃ言うなぃ。((((;゚Д゚)))))))

流石の僕でも膨らませる話と膨らませられない話あるからね??汗

 

 

なかなか無茶振りがすごい森君からのネタ提供が最近の僕の執筆意欲を掻き立てます(笑)

 

結局向かいのマルナカで「ネルネルネルネ」買ってきてたので、作り出したらまたご報告いたします。(笑)

 

 

 

本日はこちらのご紹介。

「ウィリエール  チェント10Air」

 

おなじみウィリエール のリアルレーシングバイク、チェントディエチをグレードアップさせていただいたのでご紹介。

今回は大きく分けて、2つのポイントがあります。

 

 

その1

Di2化!! 

 

 

その2

ノーマルハンドル装着!!

 

です。

 

 

まずはおなじみ「シマノDi2」

 

安心と信頼の日本メーカー。シマノの電動変速機です。

 

今回はアルテグラグレード組み付けました。

 

リアディレイラーは元々装着されていたカーボンドライジャパンのビッグプーリーを付け替えました。

 

プーリーゲージとディレイラーどっちが本体かわからんレベル。

電動化より前にクランクは、デュラエースのパワーメーター内臓型に交換してチェーンリングも楕円リングに交換しております。

 

 

電動になってシフトワイヤーの交換から解き放たれますので、消耗品が減ります。

よく乗る方は年1〜2回のワイヤー交換をすることもございますので、

 

長い目で見れば使えば使うほど、お得になっていく。食器洗い機理論です)(笑)

そしてその2

元々付いていたアラバルダハンドルという専用エアロハンドルをノーマルハンドル&ステムに交換しました。

↑これですね。

 

もともとバイクに付属してくるので、幅も長さも選べない絶望仕様(笑)

 

まぁ大体問題なく乗れるのですが、 ちょっとステムを伸ばすためにアダプターを使ってノーマルのステムとハンドルが使えるように組み替えました!!

ハンドルはシマノPROのハイエンドアルミハンドル「VIBE」

上ハンが端まで31.8mmと太いので、圧倒的剛性感です。

 

 

ステムは長さがまだ仮なので、お客様の手持ちのものを使わせていただきました。

電動コードはリアブレーキに添うようにフレームに内蔵されます。

 

今回は途中にワイヤレスユニットを装着したので、「ガーミン」との連動もできるようにしました。

親指部分の通称「謎スイッチ」をガーミンのコンピューターと連動させると、長押しや1クリックでラップをとったり、ページを送ったり戻したりすることができます。

ノーマルハンドルステムになったことで、ハンドルの上げ下げも今までのシンプルな構造に変わり、整備性も上がりました。

ぱっと見わかりにくい変化かもですが、よりしっかり乗っていただける仕様になりました!!

 

 

皆様もなかなか外を乗れない時期にメンテナンスのご依頼お待ちしております!!

 

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報