2020/02/21(金)

おすすめアイテム

岡山店

スラム電動コンポでより細かなデータを取りましょう!

岡山店のyoshikiです。

まさかの今年に入って体重が2〜3kg増えていて驚きと焦りを感じています。

夢の60kg台突入です。

体脂肪率はほとんど変わっていないのですがそれだけのトレーニングをしていたのかが疑問です。

今後しっかりと朝活をしていこうと思います!

 

 

さて今回は無線電動コンポーネントで有名なアメリカのコンポーネントメーカー

「SRAM(スラム)」の「etap」シリーズ便利な機能をご紹介いたします。

これを読むとあなたも

「SRAMのetap」の虜になること間違いなし!!

 

まずはetapについてです。

ではここから「SRAM」の無線コンポーネントでどのような機能があるのかということです。

まずはこちらをご覧ください。

こちらには地図上での走行ルートの他、フロント、リアそれぞれの変速回数などが表示されています。

そしてここからが見どころです!

1枚目の写真では自分がそのライドでどのギアをどれくらいの時間使用していたのかがギアごとに表示されます。

発進、停車を繰り返す際はこのようにロー側のギアの使用時間が多くなることは当然のことでしょう。

長い巡航などのあるライドなどではこの割合も変わってきて面白そうです。

 

 

そして2枚目の写真はというと。

 

こちらはパワーメーターも一緒に使用されていることで計測できるデータとなります。

驚きなのがギアごとの平均ワット数を計測してくれるところです。

普段WAVEBIKESの練習会では一定の負荷をキープするためにしっかりと変速しましょうとお伝えしておりますがこのデータを見るとそれが一目瞭然!!

 

ギアごとのペダリングでの出力が丸わかりなのでいかに変速を上手く使えているかどうかがわかりますね!

また、そのライドにおいての平均出力や20分間での最大平均出力、瞬間最大出力なども表示されます。

このアプリを使用できる条件は

まず「SRAM」の無線コンポーネントを使用していること。

これは11速のetapでも可能です。

 

もう1つはガーミンなどの「SRAM」の無線コンポーネントに対応しているサイクルコンピュータを持っていること。

 

 

この2つの条件を満たしていれば変速回数やよく使うギアなどのデータを取得することができます。

あとは「SRAM」の専用サイトに登録するだけです。

さらにパワーメーターも使用することでより楽しいライドデータとなります!

 

 

 

コンポーネントの組み替えの際はぜひ「SRAM」の無線コンポーネントも検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

以上、岡山店の高橋から「SRAM」のコンポの魅力をお伝えしました!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報