2020/02/14(金)

おすすめアイテム

高松店

ボントレガーからビンディングペダル登場

最近ボントレガー(TREKの純正部品ブランド)からいろいろなアイテムが出すぎていて、そのうちコンポ(変速機やブレーキレバーなどをひとまとめにした総称)も発売するんじゃないかと思ってしまいます。タカシです。

 

さてさてそんなボントレガーから新たに発売されたのはロードバイク向けのビンディングペダルです。いわゆるSPDタイプのこんなペダルは以前ご紹介しましたが、新たに発売されたのはいわゆるSPD-SLタイプです。

 

早速御開帳。

当然クリート(シューズの裏につける固定用金具)も一緒に入っています。

この内容で本体価格11,900円です。

気になるクリートですが、ルックのKEOクリートと互換性があります。

同梱される赤いクリートは可動範囲が6°のものです。

従来ビンディングペダルをはじめて装着される方はシ○ノを選ぶ方が多く、われわれも入手のしやすさや、ユーザーの多さからシ○ノをオススメしてきましたが、今後はこちらのペダルも猛烈にプッシュしていきたいと思います。

価格がシ○ノの1○5(本体価格11,700円)とほぼ変わらないことに加え、ゆくゆくのパワーメーター導入の際に煩わしさが無いんですね。

というのもこのペダル型のガーミンより発売されているパワーメーター、色々とクランク取付け型のパワーメーターと比べてもメリットは大きいのですが、、、

KEOクリート互換だったのが最大のデメリット(?)だったのです。

そう、シ○ノのクリートからKEOクリートに変えないとガーミンのパワーメーターは使えないのです。

もちろん変えればいいだけの話なのですが、使い慣れたペダルシステムを変えたくないということと、シューズを何足も持っていたら、すべてのシューズをKEOクリートに変えることが躊躇させてしまいます。

ということで、はじめからKEOクリートのボントレガーEliteペダルだとそんな心配は要りません。これからビンディングペダルをお考えの方、ぜひボントレガーのペダルを手にとって見てくださいね。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報