2020/01/22(水)

おすすめアイテム

岡山店

軽量で振動吸収性に優れたトレックのカーボンシクロクロスです!

岡山店のyoshikiです。

遂に高松からローラー台も持ってきたのでこれからはローラー練習もどんどんやっていきましょう!

 

さて今回はタイトルと写真にもありますがトレックのカーボンシクロクロスバイク

「Boone Disc」のご紹介です!

 

その前にシクロクロスとはなんですか?という方もまだまだ多いかと思います。

そこでまずは過去のブログをぜひご覧ください。

そして今回ご紹介する「Boone Disc」はトレックのフルカーボンシクロクロスバイクです。

 

フレームのカーボン素材には重量、剛性、振動吸収性のバランスに優れたトレックのOCLV600を採用しております。

さらにはロードバイクである「ドマーネ」に採用されている振動吸収機構

「Isospeed」がこの「Boone Disc」にも前後搭載されています。

 

オフロードがコースのメインとなるシクロクロスにおいて疲れをいかに軽減することができるかが重要となってきます。

そこでの前後「Isospeed」による振動吸収の快適性は大きなメリットとなります。

砂地、草地などによる細かな継続した振動。

これを和らげることができるだけで疲労の蓄積具合は一気に少なくなります。

コンポーネントはスラムの「Rival」が標準装備です。

スラムのコンポーネントはチェーン落ちしにくいようにチェーンのテンションが強かったり、「ナローワイド」というギア部分が+ー交互になっておりチェーンが外れにくいようになってたりする為、シクロクロスを含めMTBなど多くのオフロードバイクに装備されています。

 

また今回のシクロクロス「Boone Disc」でもフロントシングルとなっており左手のレバーはシフトレバーはなくブレーキのみのレバーになります。

軽量でありながら「前後Isospeed」による快適性。

その走りの良さはシクロクロスレースだけでなくヒルクライムやロードサイクリングなどにもロードタイヤを履かせることで対応することができます。

軽快な走り、バランスの良さからyoshikiも「Boone」で通勤を楽しんでいます。

そしてそのまま未舗装路を見つけては突っ込んでいきます(笑)

 

まだシクロクロスレースに出るまでは考えてなくてもいつか出てみたいな〜、オフロードを軽快に走ってみたいな〜という方はぜひシクロクロスバイクを検討してみてはいかがでしょうか?

 

また、トレックのシクロクロスバイクにはややお手頃価格のアルミモデルもございます。

2/16には香川県善通寺市で「さぬきシクロクロス」

3/1には岡山県井原市で「中国シクロ 葡萄シクロクロス」に

WAVEメンバーが参戦します。

ぜひ観戦、応援にお越しいただいてシクロクロスレースの雰囲気、楽しさを肌で感じてみてはどうでしょうか?

以上、岡山店の高橋からおすすめのカーボンシクロクロス「Boone」のご紹介でした!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報