2020/01/17(金)

初めて&初心者の方向け

岡山店

オフロードでの練習でバランス感覚を磨きましょう!

岡山店のyoshikiです。

2020年、岡山店に勤務となり通勤でもシクロクロスに乗るようになり

2020年、現段階で愛車走行距離ランキングが

シクロクロスである「Boone」がトップになってしまっています。

 

引越しも落ち着いたのでまたこれからの休日はロードバイクで岡山県内を走り回りたいと思います!

とは言え次の定休日では高松に帰っているので高松を走り回ることに。

高松で一緒に走りたいという方はぜひ一緒に走りましょう!

 

 

さて今回は、バイクバランス・バイクコントロールを磨いていきましょう!

という内容です。

 

最近シクロクロスレースに向けてオフロード走行の練習会を開始いたしました!

シクロクロスでのレースに向けての練習となると独特のバイクの乗り降り、バイクの担ぎなども入ってきますが中心となる練習は

8の字やスラローム、コーナリングとなります。

 

さらにはスタンディングや急ブレーキなども行います。

これらのメニューはバイクのカテゴリーに関わらずライドスキル向上につながります。

 

シクロクロスやMTBをされている方はもちろんですが、ロードバイクがメインの方さらには通勤・通学でクロスバイクに乗られている方もライドスキルの向上を目指すことはいいことなのではないでしょうか?

 

 

そしてその基礎となるのはスタンディングです。

よくバイク、体の重心のバランス感覚を養うのには最適な練習と言われています。

実はyoshikiもまだまだ練習中でして、通勤中の信号待ちやいったん停止など隙を見つけてはスタンディングの練習に励んでいます。

スタンディングでは重心が今どこなのかを掴みやすい練習方法です。

そしてこのスキルを磨くことでコーナリング技術、急ブレーキの際のバランスなどの向上にもつながります。

 

スポーツバイクに共通して言えるのはどのカテゴリーのバイクも全て二輪ということです。

二輪ということはバランスを失うと転倒の恐れがあります。

走行中、不注意による事故というのは1番あってはなりません。

そのスキルは当社のステップシリーズでの走行会にて身に付けていただいております。

その中のステップ2では先ほどお伝えしたようなバランスの練習を行います。

危険予測能力を身につけていても予想外のことが起きてしまうと転倒、落車の恐れがあります。

その時にバイクコントロール技術を高くしておくとこで防ぐことのできる事故も増えていきます!

 

急ブレーキを安定して行えるようになることもその1つです。

バランス感覚を養う練習のため転倒などの恐れも当然ございます。

そのため岡山店から2kmほどの舗装されていない草地で練習を行います。

参加可能車種はMTBやシクロクロスなどのようなオフロードバイクをもちろんですが通勤・通学で使っているクロスバイク、最近流行中のグラベルロードやツーリングバイク、さらには新型のドマーネなど様々なタイプでの参加が可能です。

シクロクロスシーズン期間は週2回程度、シクロクロスのオフシーズンでも週一回程度で継続していこうと考えています・

そしてさらには月に1回程度でお子様、小学生向けにも練習会を開催しようと計画しています。

練習会に参加してどんどんバイクバランスに磨きをかけていきましょう!

ぜひお楽しみに〜!

 

以上、岡山店の高橋からバイクバランス向上のための練習会のご案内でした!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報