2019/12/27(金)

初めて&初心者の方向け

高松店

クリートを付けてみよう【自分でできるシリーズ】

今日の朝ランはあまりの強風で、ふらふらしながら走っていました、決して前夜のお酒で千鳥足だったわけではありません。タカシです。

 

さて足元がおぼつかないというとまず思いつくのは、クリートのついたバイクシューズ

で歩く時ですね。(笑)

 

 

今日はそのクリートの位置を決める方法をお話します。

用意するもの(シマノSPD-SLペダルの場合)

・バイクシューズ

・クリート

・4mmの六角レンチ

・マスキングテープ

・ペン

まずはシューズを履いて、親指の付け根少し飛び出た骨の位置を探ります。

続いてその位置へマスキングテープを貼り、ペンで位置を書き込みます。

マスキングテープのマーキングよりも10mm後方にペダルの中心が来るようにクリートを取り付けます。

画像ではわかりやすいようにペダル中心位置のマーキングを塗装していますが、実際には黒い突起です。

意外にかんたんなステップですね。

ただしこれはあくまでセオリーで、これを中心に前にずらしたり後ろにずらしたり、個人の漕ぎ方のくせやポジションによって微調整を加えていく必要があります。

また実際に店舗では専用の工具を使用してもう少し細かい計測をして位置を決めていきますので、初めてのビンディングシューズという場合はぜひご相談くださいね。

ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報