2019/12/09(月)

初めて&初心者の方向け

高松店

ウインドブレーカー収納のちょっとしたコツ

ここのところ朝活をしようとしてもついついお布団と仲良ししてしまいます。タカシです。

 

さてさてそんな冬場のライドで一日の温度差への対応で重宝するのがウインドブレーカーですよね。

皆さんは日中暖かくなって使わなくなったウインドブレーカーをどの様に持ち運んでいるでしょうか。多くの方は小さく畳んで背中のポケットに入れていると思います。

今日はその畳み方でも特にコンパクトに出来る方法をご紹介します。

まずは身頃と袖を洗濯物を畳む要領で畳んでいきます。

反対側の身頃と袖も畳みます。

ここでのポイントは畳んだ身頃の幅を、着ているジャージの背中のポケットの深さに揃えることです。

続いて小さく巻く前に、片方の袖口を90度折り返して外に出します。

この外に出す幅も、ポケットの深さを目安にします。

くるくると巻いていくとこの状態。

巻き込まなかった袖口を折り返すと、

ご覧のようにコンパクト!

ポケットに大きさを揃えたので、

背中にすっぽり収まり、なおかつかさばりも最小限でスマートですね。

yoshikiオススメのウインドブレーカーはこちら↓もご覧くださいね。

冬物ウェアを活用して、冬場もしっかりライドしましょう!私のようにお布団と仲良しにならないでくださいね(笑)

代表フサノも張り切って走っていますよ。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報