2019/12/06(金)

スタッフの日常

総社店

シマノペダリングアナリシス好評実施中です!

どーも高木です。

そろそろ来年の個人的な取り組み(イベント・レース)を考えております。

とりあえず考えているのは、いまのところ以下の二つ。

ひとつは、6年前の私のトライスロンデビュー戦だった、宮島トライアスロン。開催がまだはっきりしていませんが(開催しない??)トライアスロンの厳しさをまさに身をもって体験したほろ苦いレースだけにリベンジの意味も込めてまた挑戦してみたいですね。

もう一つは、これまた昨年悔しい思いをした、富士ヒルクライム。

シルバー(75分以内)はまあいけるだろうと甘い考えでろくに練習もせずのぞんでしまい、結果は2分弱及ばずで、情けない思いをしました。今年参加できるならきちんと練習してしっかり目標をクリアしたいと思います。

と、前置きが長くなりましたが、ぺダリングモニターです!

ヒルクライムなどは、ほんとにただただ登るだけなので、駆け引きとかコーナリングテクニックなどは上位の人以外はほぼ関係なく、とにかく上手にぺダリングできることと、あとは体力・精神力・ペースメークです。

そのぺダリングがどれくらい効率よくできているかが可視化できるのがシマノペダリングアナリシスです。

この装置、さすがにお高いだけあって、ぺダリングに関するいろいろなデータがリアルタイムで確認できます。

↑↑↑上の図の右と左の違いがお分かりでしょうか?

左の写真のピンクの部分がマイナスの力でむだな力がペダルにかかってしまっています。

右の写真ではピンクの部分がほとんどなく、踏み込むべき所でしっかり踏み込んでそれ以外のところでは脱力できていてペダルにマイナスの力がほぼかかっていません。

この右の写真をめざしていただきたいですね。

↑↑私も、たまにやってみますが、もう癖になっているのでこれくらいの数値はいつもでます。

大切なのは、効率のよいペダリングと悪いぺダリングがどうやればできるか。あるいはどっちも自在にできることです。

ダンシングなどは当然効率は落ちますし、場合によっては効率が多少悪くなるようなこぎ方をする場合もあります。

上手な人は、ひと踏みひと踏み、ぺダリングをかえて、踏む、抜くをくりかえしてぺダリングし(回し)ながら休んだり漕いだりしているわけです。

最近またペダリングモニターを利用して下さる方が多くなってきました。

やれば分かるんですが、ほとんどの方は最初はぺダリング効率が40%前後です。

かなり良くても50%台。それが意識を持って練習することで少しずつですがぺダリング効率が向上していきます。

ちょっとのアドバイスで劇的に向上する方も、中にはいらっしゃいます。

先日初挑戦いただいた女性の方はまさに上記のタイプで、一気に効率が向上しました!

私はプレシジョンフィットのフィッターでもあるのでぺダリングをモニターしながらポジションなども簡単にではありますがアドバイスさせていただきます。(これも料金に入ってますのでお得ですよっ!)

より詳しくモーションキャプチャーを使ってポジションを見る場合は岡山店にて実施しております。

いずれにしても、まずはシマノペアリングアナリシスを受講していただくのがよいかと思います。

料金ですが、

まずスタティックフィッティングという体の計測が2000円(税別)←これは必ず受けてください。

だいたい、15分程度で終了です。

その後、いよいよぺダリングアナリシスに挑戦していただきます。

こちらが1時間で6000円(税別)です。いまなら後日、もう一時間分できて料金は変わらす6000円でやってます!

ご興味があるかたは是非お気軽に試してみてください。しっかりレクチャーさせていただきます!

詳しくは総社店高木まで。お問い合わせおまちしています。

本日はこんなところです。ではまた!

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報