2019/12/06(金)

メンテナンス

岡山店

ディスクブレーキのメンテナンス増えています。

こんにちは。

先日は実家に帰っていましたが、雪もちらついていましたが、本日雪が積もったみたいです。

 

雪が降ればロードには乗れませんが、乗れない期間を有効活用してメンテナンスなどいかがでしょうか。

県南はあまり降りませんが。。。w

 

 

ということで早速みていただいたのは、ディスクブレーキのキャリパーです。

ブレーキパッドが取り付けられている部分ですね。

 

 

この中にもオイルが入っていて、レバーを引いて圧力がかかると、丸いピストンが押し出され、パッドがローターをはさむ仕組みになっています。

 

 

ブレーキパッドがすり減ったり、ピストンが汚れてくるとピストンがキャリパーの中に戻らなくなって、新品のパッドに変えた時などに、ローターにパッドが擦れてしまうこともあります。

 

今回お預かりしたバイクについていたのも汚れが激しく、ピストンの戻りも悪かったので、分解して清掃しました。

 

 

↑出っぱなしになったピストン。

 

キャリパーの中にたまった汚れたオイルも除去できて、動きもスムーズになりました。

 

 

頻繁にする作業ではありませんが、必要に応じて分解もすることがあります。

 

長年ディスクブレーキを使用している方は是非一度ご相談ください。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報