2019/11/25(月)

初めて&初心者の方向け

高松店

初めてのサイクルジャージの選び方(秋冬モデル)

高松店のyoshikiです。

今回はまだ冬用のジャージを持っていない、これからサイクルジャージを買おうかなという方向けにどのような基準でサイクルジャージを選ぶと良いか見ていきましょう!

 

さて、今回ご紹介するウェアブランドはこちら!

「reric」(レリック)です。

「富士ヒルクライム」に参加された方は会場にてブースも出展していましたのでご存知かもしれませんがこのメーカーは日本メーカーなのです!

そのため多くの海外メーカーのウェアだと身幅が広い、袖、丈が長いなどといったことがよくあります。

 

しかしこの「reric」のサイクルウェアは日本人の体格に合わせて設計されているため非常にフィットしやすいサイズ感となっております。

 

それではやや肌寒くなってきた今頃の季節にはどのようなジャージを選べば良いのか?

秋冬にもなると夏用の半袖ジャージではどうしても生地が薄いため寒く感じてしまいます。

そこでアームウォーマーやレッグウォーマーなどで調整をする方法があります。

それでもやはり気温そのものが下がってくるとどうしても気温にあったウェアを着ることでより快適なライドを楽しむことが出来ます。

 

こちらのウェアは一見通常の長袖ジャージに見えるかもしれませんが胴体部分には防風フィルムが貼り合わされております。

そのため1番風を受けて冷えやすい部分がしっかりと熱を保つことが出来ます。

 

そして動きやすさの確保のため腕や袖口、襟元には伸縮性に優れた素材を採用しております。

そしてサイクルジャージといえばこちら!

背面には3つのバックポケットと1つのファスナー付きポケットがあります。

これでスマートフォンや小銭入れなどの携帯に困ることはありません。

裾の裏側にはサイクルジャージの滑り止めで「reric」のロゴがあります。

 

最後にサイクルジャージを選ぶ上でオススメのポイントです!

 

これはハンガーにかけたり床に広げておいた際にハッキリとわかりやすいのですがこの写真を見て何か気になるところはありますでしょうか?

 

 

 

 

通常、私服などはきれいに広げて置くと袖は横に広がることと思います。

しかし良いサイクルジャージはシワが入らないように置こうとすると袖はこのように前に出てきます。

これはロードバイクなどの乗車姿勢に答えがあります。

このようにロードバイクに乗る際の姿勢に合わせた設計です。

これは腕だけでなく胴体部分も前傾姿勢に合わせた形状になっております。

 

そのためサイズを確認したい場合は

背筋を伸ばした状態で胸周りが苦しいかな〜どうかな〜ではなく先ほどの乗車姿勢を取ってみてサイズを確認してみましょう!

 

ちなみに今回ご紹介したサイクルジャージは12〜18℃向けのモデルです。

これウィンドブレーカーや冬用のインナーウェアなどと組み合わせることで幅広い気温での使用が可能なモデルです。

また、デザインやカラーも豊富なのでぜひ一度店頭スタッフにご相談ください。

 

以上、高松店の高橋から日本メーカー「reric」秋冬用サイクルジャージのご紹介でした!

 

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報