2019/10/21(月)

イベント&練習会

総社店

小豆島サイクリング2020!! 草井編

みなさんこんにちは。 

本日は先日の小豆島のお話。

小豆島といえば必ず思い出される僕のブログ集のランキングでもトップテン入りすると思われる「あれ」

の教訓を生かし、10月開催を恒例にしたので今回も抜群の天気の元走ってまいりました!!

早速乗船!!

おそらくロードバイクブームで人数増加して、わがままになったサイクリストに対して明らかに敵意を放つフェリークルーたちのオラついた感じを今年も感じながら乗船していきます。

 

とりあえず全員乗船したことを確認しまして。

 

まずはスタッフ間で綿密なミーティングです。 見てください。高木さんのオラついた顔。

 

完全にキレてます。ちなみにここのセリフは「井手テメーぶっ◯す」です。

空気の凍りついたミーティングを終え、参加者の皆様に高木総監督からありがたいお話です。

港から小豆島まで約1時間かかりますので狭義説明後はくつろぎスペースにてみんなで談笑。

一人だけカメラ目線の彼はリンクを貼ったぶろぐの写真よりさらにボリュームアップして参加です。

 

果たして彼は、寒霞渓一本登れるのか!?

そして、朝起きたら首がこぅなっていた私は↓↓

朝からとにかく首が痛くて船内で入念なストレッチ。

 

なぜか小豆島当日にはかなり高確率で体調不良で挑んでおります。

今回は入念なストレッチと医療関係者のお客様によるガチほぐしでなんとか自転車乗れるところまで回復

下船後高松店組みと合流し集合写真を取ろうと集まります。

 

だいたいみなさん暑くなることを予想して秋装備ですね。

そんな中。

完全冬装備の井手さん。

上着は防水防寒の防御力高めの仕様。 寒霞渓でオーバーヒートする未来が見えました。

 

燃え尽きるほどヒート!!です。

そんな井手さん足元は。

黄色。(笑)

あったかそうです。 そんなこんなで今回は。

約70名で小豆島を走ります!!

今回もレベルに合わせて4つのコースに別れます。

僕とコザイ君率いる寒霞渓を2コース登る小豆島無限大チーム!!

 

下見に行ってたコザイ君に引きづられ、付いていくと知らんうちに斜度が上がり気づけばこんなに登ってた↑↑

さっき横目で見てたダムも気づけばはるか下の方。

 

まさに目がくらみます。

先が見えたり見えなかったりする激坂を走り続けると目の前になにやら見えてきました。

この辺から余裕で斜度が10パーセントを超え始めます。

上の写真にて力強いダンシングを見せるI氏。よく見ると。・・・

インナーローです!!  時速約5キロ!!  

 

壮絶です。

みんな元気??に登頂完了!!

インナーローの男も無事です。 命がけです(笑)

今回も山岳コースということで、ウィリエールの新型Discロード

 

「ZERO SLR」にて登頂しました。登ってみてわかったのですが・・・

いくら自転車軽くしてもしんどいもんはしんどい!!

 

もはや自転車を右から写真撮り直す元気もなく若干貧弱な左側からの写真を撮影したのち。

お約束の「火曜サスペンス劇場遊び」てててってててってーれー♪♪を流れ作業でこなし、次の中継ポイントロープウェイ乗場へ向かいます。

定番の寒霞渓の石碑の前で記念写真。 そしてここまで我慢してきたことをあえて言います。

なんでマウンテン??

もぅ集合した時点でずっと思ってたけど、なんでマウンテン??

「それで行くの??」と聞いた僕に彼は。

 

「大丈夫っす。 リア40T付いてますから!!」

 

「そぅいう問題じゃない。絶望」

という言葉を飲み込もうとしたのですが、やはり無理でした。

ぽろっと口から出た僕に対し、彼の笑顔が忘れられません。

なんなら僕より全然速く登っていった彼は頂上でも超元気でした。

そんな元気いっぱいな彼に触発されみんなで1本目の寒霞渓を終了。もう一本登るため。もといお昼ご飯のために早速下っていきます。

お昼はみんなで「ナポリタン」!!

 

やっほう!! 開いてないっ!!  ナンデーっ!!(・Д・)!?

ネット情報だととっくに開店時間。 そもそも中に人の気配する。オープンの札かかってる。

なぜだ。 解せぬ。

 

最悪の事態が頭がよぎり始めた時誰が言ったか。

「先にもう一本登ってから、上でお昼食べますか??」・・・(お腹に手を当てる)・・・

結論。 無理。 

その辺にいた人に聞くと、「もうちょっとまったら開くよ」

 

「ありがてェ」

30分くらい待って念願の!!

 

レッツ ナポリタン!!

 

空腹も相まって超絶美味しい!!

ナポリタンすごい美味しかったので、来年はボンゴレスパゲッティで。(笑)

 

お腹は膨れたので、もぅ港に帰りたい気持ちを抑えながら2本目の寒霞渓に向かいます。

写真だとまったく分からないけど、2本目もまあまあの斜度が続きましたがとりあえず全員登頂

流石の彼も2本目はさすがにおつかれ(笑)

全員無事ですが、流石にもぅ自転車を持ち上げる元気は無いようです(笑)

2本目は元気なダンシングの名手(笑)インナーロー??(笑)

全員無事に下山しました!!

達成感に包まれながら最後の平坦をひた走ります。

僕もついついシャクレます(笑)

ということで、今回も全員怪我なく走れました( ̄∀ ̄)

毎年のことですが、今年も楽しく??走れました。

 

また引き続き、ご参加お待ちしております!!

ps。流石に疲れたようです。(笑)

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報