2019/08/03()

メンテナンス

総社店

自転車あるある。 スクルチューラ4000「だったもの」の話(笑)

みなさんこんにちは。  もうすぐ?? イタリアからやってくるNEWバイクをどんなパーツ構成で組むかで頭がいっぱいの草井がお送りいたしますWAVEBIKES総社店スタッフブログのお時間です。

 

新しい自転車は来るまでが一番たのしい(笑)

本日は僕と同じく自転車大好きなお客様のこちらをグレードアップ!!

「メリダ (かつて)スクルチューラ4000(だったもの(笑))」

 

ご覧のとおりかつてスクルチューラ4000だったものです。(笑)

もともとメリダ「スクルチューラ4000」といえば、シマノ105完成車で199000円(税別)の恐怖のコスパで有名なロードバイクですが、見ての通り・・・

フレーム以外全部変わりました。(笑)

ご購入いただいて早々にホイールもコンポも変わり果てた姿になったこちらの4000君。

ついにDi2の扉を開いてしまいました(笑)

 

プロツアーの使用率NO1ブランド シマノの電動変速コンポーネントを装着致しました!!

200キロから300キロの超ロングライドイベント「ブルベ」に参加されるオーナー様。

 

「ちょっとでも楽に走りたい」ということで、今回ご提案したのがコンポの電動化でした 。

電動コンポにしたからすっごい速く走れる。と、いうことではないのですが普段何気なく行なっている変速操作も、

距離が伸びるほど。

 

疲れれば疲れるほど。

ちょっとしたことが負担になってきます。そこでこちらのDi2コンポならボタン1つで変速できる上に!!

今まで手動で行なっていたチェーンラインの調整(トリム操作)もすべて自動で行なってくれます。

 

最近実装されたシンクロモード・セミシンクロモードなどを使えば変速ですら一部オートで行うことが可能です。

レバー自体もコンパクトで手にフィットしやすくなります。 

しっかりと握り込めるのも疲れにくいポイントになると思います

 

その他にも快適にロングライドするためのパーツチョイスをしていくうちに、フレーム以外は全部かわってしまいました(笑)

サドルもロングライドでお尻を快適に保つために、クッション多めのこちらをチョイス。

「セライタリア マンゲルフロー」

そして「ちょっとでもしなってくれるといいな」という願いをこめながらカーボンシートポストに

チネリ ーの「NEOSポスト」です。

でも僕は知っている。これがカーボンラミネートで中身はアルミが入っているということを・・・(笑)

 

当然オーナー様もご存知ですがハンドルをチネリ ーにしたので揃える形でこちらに決定しました。( ̄∀ ̄)

こちらはブルベをされる当初からそうちゃくされておりましたが、ピレリのオールウェザータイヤ「4S」よく転がり乗り心地も良く、耐久性が高い。機能全部のせタイヤです(笑)

ハンドル周りも完全にブルベ仕様に。 

レックマウントの専用マウントを使い、サイクルコンピューターの下にフロントライトを2個装着できるようにしています。

そしてこちらもDi2ならでは。  サテライトスイッチというボタンをハンドル周りに装着することで、上ハンドルを握った状態で変速をすることが可能です。

↑↑こちらの画像のように山岳で上ハンを握った状態でもサテライトスイッチがあればリアの変速機を動かすことができます。

 

ボタンの位置はお客様の希望しだいである程度融通が利きます。

ブルベとは関係ありませんが、ヘッドのスペーサーはアルカンシエルカラーに。

 

気分はバルベルデです(笑)

そんなこんなでこだわり抜いていくと原型のない自転車ができあがりました (笑)

 

皆様も「もっとこぅしたい!!」を是非ご相談ください!!

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報