2019/07/25(木)

メンテナンス

岡山店

ちょっとのことでトラブル解決 TREK DOMANE ISO speed オーバーホール

岡山店のいけどんです。

最近の修理事例をご紹介するこのコーナー。

 

今回はTREK ドマーネのサドル下にある

ISOスピードのベアリング交換です。

 

症状としては分かり辛いですが今回の事例では

この部位から錆またはグリースの沁み出しによる

フレームの塗装への浸透が伺えます。

では作業に入ります。

 

 

本来、この部位には『コ』の字の形をしたカバーがあります。

最初にカバーの真下にあるネジを外しておきます。

 

マイナスドライバーにビニールテープを巻き

フレームと左右に伸びるカバーの隙間にドライバーを差し込み、

カバーを浮かせるように慎重に外します。

 

外すと写真左のような感じ。

写真では既に、六角レンチで軸を緩めています。

 

フレームの左側の軸が緩みますから

フレーム左側からプラスチック・ハンマーで右側の軸を叩き出します。

 

 

 

右側の軸を叩き出すとベアリングもいっしょにで出来ます。

出て来たものがこんな感じ。

 

 

ベアリングは軸を六角レンチで緩めれば

簡単に外れます。

 

 

分解するとこんな感じ。

下の2個のベアリングは

今回交換用に用意したものです。

 

軸は3分割で構成され左側のベアリングの内側には

スペーサーがありました。

 

 

 

今回の修理事例は

数ある販売したドマーネでも

まれな事例と思われます。

 

なかなかフレームのしなりを的確に感じられる方は少なく

今回のようにフレームに何らかの症状が見受けられないと

この部位の分解、洗浄、交換などには至らないかもしれませんね。

 

 

さて、今回の事例はココまで。

 

『いつもと違う』に気が付けば、どうぞご相談くださいませ。

皆さんのご相談をお待ちしております。

 

注)バイクの症状により短時間で直るものや、

バイクをお預かりして検証しなければいけないものなど様々です。

また、

特殊な部品を使用していて、部品のお取り寄せや取り付けに

時間が掛かるのももございます。

緊急の場合でも症状によっては

イベント終了後に再度お持ち込みをお願いする場合もございます。

予め ご了承くださいませ。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報