2019/07/08(月)

初めて&初心者の方向け

高松店

はじめてのスポーツバイクに必要なグッズ

先日はじめて、高松のトライアスロンに出場しました。やはり地元レースは声をたくさん掛けていただけるし、顔の分かるみなさんと一緒にレースを楽しめるのでいいですね。タカシです。

当日の様子はyoshikiブログに詳細が書かれています。

実は高松トラを観戦して、トライアスロンやスポーツバイクに興味を持たれた方もいらっしゃるのでは?ぜひとも当店にご相談くださいね。

yoshikiも私も実戦経験者ですし、なにしろMIKIOも興味を持ち始めているとのこと(@_@)

トライアスロンを始めるにはスポーツバイクの中でもロードバイクが必要になってきます。こちらもyoshikiブログを御覧くださいね。

って完全に他人のブログにおんぶにだっこです(笑)

いやいや、ここからが今回のメインテーマです。スポーツバイクを始めるにあたって、実は車体だけでは乗ることが出来ません。乗り始めるために必要な最低限のアイテムを本日はご紹介したいと思います。

1.ヘルメット

コレがなければ始まりません。不意のときにみなさんを守ってくれる大事なアイテムです。

お求めやすいものは6,500円からあります。

また高松店では新車ご購入時にヘルメットをお得に購入いただけるキャンペーンを行っています。

2.前後のライト

続いてはライトです。夜間の走行はもちろん、昼間の走行でもライトを点灯させることで車両からの被視認性が高まり、事故の抑止に繋がります。

そして見落としがちですが実は後ろのライトも大事です。

自転車と車の事故は日中の追突事故が一番多いとの調査もあります。ライドの際は必ず、昼間からリアライトを点灯させて、自分の存在を後続車にアピールしましょう。

なおWAVEBIKESでは高性能リアライト「フレアRT」税込み7,500円を、バイクご購入時に限り、半額の3,570円でお求めいただけます。

3.空気入れ

そしてこれも忘れてはならない空気入れです。

スポーツバイクはタイヤのサイズ、種類によって定められた空気圧があるため、圧力計付きの空気入れが必要です。また、特にクロスバイクやロードバイクは必要とされる空気圧が高いため抜けるのも速く、こまめな空気圧のチェックが快適ライドには欠かせません。

写真のボントレガー「チャージャー」は税込み4,500円です。

4.鍵

スポーツバイクには、シティサイクルのような車体に取り付けられているシリンダー錠は付いていません。

また車体が軽く簡単に持ち上げられるので、チェーンやワイヤ式の長い鍵で車体を何かにくくりつけて止められるように長めの鍵を用意しましょう。

5.ペダル

ロードバイクにはペダルが付いていない場合がほとんどです。

これから始められる方は、普通のスニーカーで乗ることのできる「フラットペダル」を選ぶことがほとんどでしょう。

写真のMKS「シルヴァンツーリング」は税込み3,942円ながら、非常に頑丈で回転もスムースなすぐれものです。

この他にもクロスバイクであればスタンド、ほかにもボトルホルダーやドリンクボトルなど様々ありますし、無くても乗ることは出来るけれども、あればより楽しいバイクライフになるアイテムもたくさんあります。

まずはスポーツバイクに興味を持たれたら、ご相談にお越しくださいね、スタッフ一同お待ちしております。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報