2019/05/31(金)

初めて&初心者の方向け

岡山店

【初心者必見】はじめてのビンディングシューズ&ペダルの選び方

こんにちは!!

岡山店の井手です。

 

前回のサイクルコンピューターの選び方に引き続き、今回ははじめてのビンディングシューズとペダルの選び方についてご説明します。

さて、まずはビンディングシューズ、ビンディングペダルとは何か。。。。

 

 

どちらも、ペダルとシューズを固定するための専用のアイテムになります。

そうすることによって、ペダルをこぐ時の円運動がしやすくなり、長距離のライドや上り坂でも効率がUPし楽にこぐことができるようになります。

 

さらに、ペダルから足が外れないため、それなりに高速走行するようになった時に足が滑り落ちて落車をしてしまうリスクもなくなり、むしろ安全です。

 

立ちごけのリスクはもちろんありますが、あまりあるメリットの方が大きいのです!!

 

ということで

早速ビンディングペダルの種類についてご紹介します。

今回はSHIMANO製のペダルでご説明します。

 

①SPD SL

②SPD

③その他

 

①SPD SL(7000円〜)

シマノのロードバイク向けビンディングペダルがSPD SLです。

グレードは様々ありますが、共通して言えるのはペダルとシューズの接地面が広く、しっかりと力を伝えられるのが特徴で、軽さと剛性がたかいです。

ロードバイクでのサイクリングやヒルクライムを楽しむなら、このペダルで決まりです!!

SPD SLに対応したシューズとなると、靴の裏側(アウトソール)がツルッとしているものが、対応しているものになり、シューズにクリートと呼ばれる金具が、出っ張る形で装着されます。

 

裏がツルツルしていたり、クリートが飛び出ていいて歩きにくいので、マウンテンバイクやグラベルロードでの使用はオススメできません。

普段歩く時にもタイルやフローリング、綺麗な床だと滑りやすいので、クリートカバーなどの滑り止めをつけることをオススメします。

続いては

②SPD(5000円〜)

元々MTB用として開発されたSPDペダル。

泥詰まりしにくく、表と裏の両面にクリートとの装着面があるため、バイクの乗り降りが割と頻繁にあるオフロードサイクリングで、素早いビンディングの装着が可能になります。

 さらに素早く着脱するために、SPD SLに比べて軽い力で着け外しできいるので、初心者にもおすすめのペダルです。

 

ロードでもグラベルでもマウンテンでも使える便利なモデルです!!

シューズの方はというと、アウトソールSPD用の小さいクリートが入る凹みがあり、クリートが出っ張らないようになっています。

 

そのため歩きやすく、オフロードやグラベルだけでなく、サイクリングで観光地を歩き回ったりするのにも便利!!

 

クリートが削れないしお店のフロアーを傷つけるのを気にしなくても大丈夫!!

 

③その他 (8000円〜)

最後は変則的なペダルをご紹介。

片面がSPD用で、もう片っぽがフラットペダル(所謂普通の靴でも乗れるペダル)になっているものがあります。

 

中途半端とも言えるこのペダルですが、通勤用の仕事靴でも乗れて、お休みの日にビンディングでも乗れるマルチなモデルなのです!!

 

最近はフラットペダル面の性能が向上し、靴が滑りにくくなったので、グラベルライドなんかでも重宝しますし、普段乗りでも使いやすくなってます!!

自分に合ったペダルは見つかりましたか??

まだまだ色々な種類のペダル、シューズがあります。

店頭のスタッフに気軽に聞いて見てくださいね!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報