2019/06/01()

初めて&初心者の方向け

総社店

はじめてのロードバイクに!! 「エモンダALR」 「TCR SLR」

みなさんこんにちは。  先月に向けて迫る富士ヒルクライム&イタリア自転車旅行に向けて圧倒的練習不足に不安しか感じない草井がお送りいたしますWAVEBIKES総社店スタッフブログのお時間です。

 

本日ははじめてのロードバイクにオススメのモデルをご紹介!!

「GIANT TCR SLR2」

 

GIANTのハイエンドアルミフレームを使用したフル105搭載モデルです。

基本的には昨年と同スペックですが、同価格帯のアルミモデルと比べると属性盛りすぎの特徴的なバイクです(笑)

メーカーカタログによると「上級レーサーも唸らせる超軽量アルミレーシングバイク」ということで、見た目からも剛性の高さが伺えます。

カーボンロードレーサーをお持ちの方々が、練習orショートレース用としてもお買い求めいただいております。

短距離のヒルクライムレースとかなら相性良ければカーボンよりも速い??なんてことも起こりそうなスペックです。

トップチューブはこんなに細いのに・・・

写真だとわかりにくいですかね??  

ダウンチューブは極太ですΣ(・□・;)。

形を見ただけで剛性の高さが伺えますがさらに!!

GIANTお得意の「オーバードライブ2」が採用されており、通常のバイクよりも大径コラムとなっております。

 

しかもフロントフォークは上位のカーボンモデル『アドヴァンスドプロ』と同企画のものとなります!!

軽くて硬いを体現したバイクと言えるでしょう。

これによりステムは専用品。もしくは規格の合う他メーカーステムしか使えないのでここは注意が必要ですね。

そしてこのシートポストも特徴ですね。

「バリアントシートポスト」という若干エアロな形状をしております。 一応メーカー的には振動吸収とエアロ性能を併せ持つとあります。

素材がカーボンなので確かに振動吸収性はあると思います。

そしてなんと言っても一番のオススメポイントはチューブレスレディが標準装備であること!!

 

軽くて硬いスーパーマシンですが、チューブレス化されることで、空気圧を落として走ることが可能になります!!

 

通常のクリンチャータイプだと空気圧を落としすぎるとチューブを噛んでパンクしますし、中部でのタイヤとチューブの摩擦による抵抗も生まれます。 ところがどっこい。これがチューブレスだと一挙に解決いたします!!

今のところ完成車状態でチューブレスが装着されているところは少ないですので、はじめての方からリアルレーサーまで非常にオススメのバイクです!!

 

そしてもう一台アルミの大本命をご紹介。

「エモンダ ALR5」

 

こちらも今季大注目のバイクです。 TREKの超軽量フレームに105コンポをフル装備した車体でございます。

なんと言っても今期のこのカラーは非常に目を惹くカラーとなっております。

 

 

フレームのつなぎ目の溶接部分が非常にわかりにくく、ぱっと見カーボンバイクの様にも見える美しいフレームが特徴で、ワイヤーもフレーム内装となり、スッキリしています。

 

流れる様な細身のフレームですが、乗り味はクセのない扱いやすいジオメトリーで「H2」ヘッドチューブを採用しており、初めてロードバイクを乗る方でも楽なポジションを取ることができます。

ブレーキは前後共ダイレクトマウントを採用しておりますので、通常のキャリパータイプと比べると制動力が高くエアロ効果も期待できます。

 

見た目もフレームとの一体感がまして美しいです。

そしてなんと言ってもやはりエモンダシリーズは軽量が売りです。

 

完成車スペックだと、より扱いやすくするためにデフォルトで太めのタイヤが装着されていることもあり、完成車重量も8キロ台とまぁまぁな重量。

 

ですがなんと言っても、メーカーから重量は公表はされていませんが不ラーム自体が相当軽いです。

ホイールやタイヤを変えるだけで全然重量も変わってきますので、買ったいただいた後も弄りがいのあるバイクとなっております。

 

下手すると、エントリーカーボンフレームより軽くなる可能性もありますΣ(・□・;)

軽さと扱いやすさのエモンダALR  こちらももちろんオススメです!!

 

これから自転車を始める皆様!!  是非ご相談ください!!

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう( ̄∀ ̄)

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報