2019/05/27(月)

イベント&練習会レポート

岡山店

毎年恒例の大山サイクリングに行ってきましたよい!

こんにちは。

 岡山店のいでです。

 

今年も行ってきました。

毎年恒例のGW大山サイクリング!!

 

簡単にレポートします!!

今年は通称、【オヤジ練】の常連さまがたと一緒に走るCコースに選出されましたので、総社店スタッフの森っすと一緒に行ってきました。

 

先頭をパワーメーター使いの森っすに強度コントロールをしてもらいつつ、ぼくが、全体の動きを把握するという流れ。。。。

 

 

のはずが、早々にハンガーノックw

走り出す前の補給と朝ごはんも食べてきていたので、エネルギー的には余裕を持っていたつもりだったのですが、思いのほか吸収が悪かったのか、前日MTBで遊びすぎて疲れていたのか←、お昼のレストランまでに出遅れてしまいました。

 

ハンガーノックも3年ぶりくらいで、最初は年々減少する練習量のせい←だとおもってしまうくらいで、正直ショックを隠せません。。。。

 

大山サイクリングでは、前半、一気に下ります。

そこからアップダウンを繰り返しながら大山のスキー場あたりを目指していくのですが、ここで力を使ってしまうと、後半までもたないので注意ですね(ある意味説得力ある。)

 

そしてお昼!!

すでにボロボロでしたが、お昼ご飯!!

やっとご飯だ!!

ご 

 

毎年ジンギスカンなので食べずに走り切ることが多かったのですが、今年はジンギスカンを食べない組を作ると、意外に好評??

参加人数も多かったので、来年も是非やりたいなと思うところです。

 

ハンガーノック状態とはいえ、胃腸の弱さに定評のある←、井手なので、軽めの食事。

そば粉のガレットにしました!!

いやー!!

その後元気すぎて、ご飯って大事!!

エネルギー大切!!

体調管理しようね!!!!!

と、1人で考えながら走ってました。

お昼の前も、お昼の後も、オヤジ練の方々は元気!!

流石、代表に鍛えられているお客さんは違うなと思いつつ後半戦へ。

 

後半も前半同様、一気に下っていきます。

特に下りのストレートも長く、車も多い区間になってくるので、特に注意が必要です。

下り終えると、【手が痺れた】【肩が凝った】など、声が聞こえます。

 

長時間のブレーキは握力の消耗や、力の入りすぎによる肩こりなどの原因になります。

距離が伸びれば伸びるだけ、事故の危険性も増します。

ここ数年で急激にシェアを広げているロードディスクブレーキなら、軽い力で、しっかりとした制動力が得られるので、下りが苦手な方、手の小さい方、握力の弱い方だけでなく、ブルベなどのロングライドに挑戦する方などのベテランにもオススメです。

 

 

 

話がそれてしまいましたが、ここからも細かくアップダウンを繰り返しながら、スタート地点である、鏡ヶ成スキー場を目指して登っていきます。

今年のCグループは、最後はバラバラになってしまいましたが、全員がひとまとまりになって走行できたので、かなり気持ちよく完走できました。

登りでは脚力差や経験の差が出やすいのですが、周りに人がいるとペースメーカーにもなるので、差が、出にくいです。

周りの上手な人に合わせることで、一定のペースで走れたり、普段よりも効率よく走れたりするので、登りが苦手な方は登りが得意な方にペースを合わせてもらって走り方を真似るのもいい練習になると思います。

 

今年参加できなかった方も、来年は是非ご参加ください!!

6月は富士ヒルクライム、秋には小豆島で寒霞渓に登ったりと、登る系のイベントもたくさんあるので、登ってみたい方は是非、ご参加お待ちしております!!

 

最近まとまりのないブログですが、

とにかく大山と美味しいご飯と景色とディスクブレーキがおすすめというブログでしたw

 

 

春にロードバイクを買ってちょっとした目標が欲しいなという方は、大山サイクリングご参加して見てはいかがでしょうか??

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報