2019/05/19()

スタッフの日常

総社店

ツールド大山に行ってきました。by高木

どーも総社店の高木です。

今回はサイクリングイベント、ツールド大山に行ってきました。

このイベント、4年前までは毎年のように参加していました。

4年ぶりの参戦です。4年前より距離ものびて、走行距離が100キロ、獲得標高は2500mに迫ります。

このコースはほんとにきついんです。

その昔はこのイベントで上位のタイムを目指すべく一生懸命春先に練習していた時期がありました。

3年前からタイムの公開は行われなくなったようです。

タイムが公開されるとやはりみんな一生懸命走ってより危険性が増すという判断で公開されなくなったかどうかは私は知りませんが、とにかくこのコースは下りが多く、しかもかなりスピードがでます。

いつもこのツールド大山の試走もかねて、GWに大山サイクリングを開催しています。

今回はGWにこのツールド大山のコースを試走していますので、もう大満足しましたーーー。

なもんで、2回もいくなら、ロードバイクでなくて、クロスバイクで行こう!

ということに自分で決めました。

400人くらいの参加がありましたが、クロスバイクでの参加は私1人のみ!あとはミニベロが1台、MTBが2台ほど見かけました。

3月のブルベ300キロのときもそうでしたが、とにかく恥ずかしいので、ひたすら存在感を消してスタートを待ちます。(笑)

 

↑↑今回の参加メンバーです。いずれもつわものばかり!

私が圧倒的に乗っていません。さあ果たして生きて帰って来れますかねえ(泣)。

午前9時に20人ずつ時間差でスタート。私がたしか9時20分くらいにスタートしました。

最初の長い下りで落車が発生していて、お一人は反対車線でうつ伏せになっていてまったく動きませんでした。すぐにスタッフさんがいるところまで下りて行ってそこ救急車を呼んでもらい、コースに復帰。

いつも下るのがとてもいやなところなんですが、残念ながら落車がおこってしまいました。

運転技術も大事なんですが、その前にきちんと自転車が整備されているかがものすごく重要です。ホイールが振れていないかバランスはどうか、タイヤの空気圧は適正か、ブレーキははたしてきちんと効き続けるのか。

普段では考えられないようなスピードで延々と下りますので、みなさんも自転車屋さんで点検してもらってからイベントには参加するようにしてください。場合によってはほんとに命にかかわりますので。お願いいたします。

この日は、ものすごく風が強く危険な状態でした。そんななか淡々とクロスバイクで走っていきます。

どんどんロードバイクに抜かれていきます。さすがにスピードが違います。とはいえ一通り速い人にぬかれたあとは、まあ抜いたり抜かれたりを繰り返しながら、90キロ過ぎまで到着。

ここからあとは最後の長いのぼりを登れば終了です。標高差300m、平均斜度10%という信じられない登りが最後にご褒美として待ってます。

ここで最後に試したかったのが、クロスバイクのフロントの3段あるギヤのいちばん軽いヤツ!!!

普段、使うことがないし納車のときもあまり使わないですが・・・。と前置きをするあのギアをつかってみました!!!

坂の途中までは3枚あるフロントの真ん中を使っていましたが、そこそこ疲れてきたので、ここぞとばかりに3枚目のギヤへ!!

ーーーーーー軽すぎて、逆に疲れる!!\\\

30秒ほどで、真ん中に戻しました、途中もう一度チャレンジしましたが、やはり、

ーーーーーー軽すぎて、逆に疲れる!!\\\

ということで使うことをあきらめました。

今回分かったこと。

軽すぎるギヤはあっても使い物にならない!

このことを実体験にて証明するために、クロスバイクで参加したわけです。

みなさん、最近軽いギヤが流行りですが、軽すぎるギヤは逆に役に立たないことも覚えておいてください。

それにしても、クロスバイクはのんびり走るにはサイコーですよ!しっかり景色を楽しみながら走れました。ホントはトレーニングの意味合いも多少あったのですがトレーニングするならやはりロードバイクで一生懸命走ったほうがよかったですね。ともかく楽しい体験ができました。

みなさんも来年は、ツールド大山いきましょう!!

以上、クロスバイク大好き(笑)高木でしたー。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報