2019/04/09(火)

メンテナンス

岡山店

チョットのことでトラブル解決 ステムの固定

岡山店のいけどんです。

 

ハンドルとフレームを繋いでいるステム

乗車前点検(へど・はん・ぶん・・・)を実施して

ヘッドにガタがあれば調整が必要です。

 

今回はその調整の仕方をご紹介します。

 

 

もしガタが見つかった場合

ステムの固定をいったん解除してやる必要があります。

 

最近のステム固定ネジは2本

互い違いに配置されています。

外す場合は上から

上⇒下⇒上⇒下⇒・・・の順でネジを少しずつ緩めます。

フッと緩まる瞬間があります。そこで緩めるのはおしまい。

 

*少しずつ緩める理由はボルトを曲げてしまわないため。

  ボルトの負担は少しずつ、解いてやりましょう。

 

 

ステムの固定解除が出来たら

トップキャップの固定ネジを締め込みます。

ガタが取れたらいいので

そんなに固く締め込まなくても大丈夫。

 ほど良く締め込んだらガタがないか確認です。

 

 

右手はフレームを

左手はハンドルを持ち

左右に振ってみます。

   ⇒スムーズでしょうか?

   硬い場合は先ほどのネジが締めすぎかもしれません。

 

 

ハンドルとタイヤを揃えましょう。

 

ステム固定は仮止めの状態ですから

手で トントン軽くたたくなどして微調整します。

 

ハンドルを真っ直ぐするって結構難しいんですよ。

 

 

ステムの固定は下から

締め付けも少しずつ

下⇒上⇒下⇒上⇒下⇒・・・の順で

締め付けトルクは4Nm

 

 

 

ここで六角レンチの持ち方を伝授 \(^o^)/

軸から指をそろえて4本くらいで締めてみてください。

 

先端で締め付けると必ずと言っていいほど締めすぎになり

ネジの破損、カーボン部品の破損に繋がりますのでお気を付け下さい。

 

 

最後に取付け確認です。

バイクの前側に立ち

両足でバイクの前輪を挟むようにします。

ハンドル先端を持ち、左右にフリフリ。

固定が確認できればOK ヽ(^o^)丿

 

 

いかがでしたでしょうか?

バイクの転倒時や、輪行、組立時に

お役にたてていただければ幸いです。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報