2019/04/08(月)

メンテナンス

高松店

安全な鍵のかけ方【自分でできるシリーズ】

暖かくなってバイクに乗りやすい季節になった途端、極端にランの回数が減ってしまいました。タカシです。

なにごともバランスよくすることが大事ですね。

 

 

さてさて本日の「自分でできるシリーズ」はスポーツバイクの鍵のかけ方です。じつは先日ライド後にうどんを食べに行ったら「これは簡単に持っていかれるぞ、、、」という鍵のかけ方をしているMTBがありました。みなさんはそんなコトをしないよう、本日紹介するポイントをしっかり押さえて、確実に鍵をかけてくださいね。

とにかく固定物に

とにかくスポーツバイクは軽いので、ヒョイと持っていかれます。

写真のように柱かなにかに括り付けるようにしましょう。できる限り長めの鍵を用意して、前輪と後輪とフレーム全部通すようにしましょう。

前輪後輪は工具を使わずに簡単に外せるので、一緒に施錠するのがベターです。

サイクルラックにぶら下げる場合はラックに鍵を通すといいですね。

短めの鍵は後輪とフレームで

あまり長くない鍵の場合は、次のポイントを押さえてください。

固定物に近寄せられる場合はフレームと固定物

近くにない場合は写真のように後輪とフレームを守りましょう。

固定物にくくると言っても、前輪と固定物とをくくりつけてその場を離れると、帰ってきたときには前輪だけポツンと残っている事態が発生するので気をつけましょうねー、ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報