2019/03/14(木)

メンテナンス

岡山店

ちょっとのことでトラブル解決 変速に違和感を感じたら(その2)

岡山店のいけどんです。

今回の事例は後ろの変速が気持ち良く変わらない。

以前ご紹介したワイヤーの千切れ』もその一つでしたが

今回はこれが原因のひとつでした。

症状:①後ろの変速が気持ち良く変わらない。

   ②ロードバイクのブラケット(ハンドルのグリップ部分)の中を確認しても

    ワイヤーの千切れは無い。

   ③後ろ変速機からインナーワイヤーを外し、左手でワイヤーの先を持ち、

    右手で変速操作すると重い操作感がある。

 

 

表題のモノはこちら。

 

上位グレードの変速インナーワイヤーにはポリマー繊維が巻きつけてあり

一見茶色っぽく見え、錆?のように見えます。

組立時はこれに、専用の変速用グリースを薄く塗ることで

操作感が軽くなります。

 

このポリマー繊維が使用中に千切れたり、ほつれ等を起こしアウターワイヤー先端に詰まることで

操作感が重くなります。

例えば、トンネルをスムーズに流れていた車の流れに

ある日トンネル内で事故が起こり車が玉突き事故。車の流れが止まってしまう。

 

 

対処法は、

ワイヤーを取り換える。

 

今回は幸いにもアウターワイヤーの出入り口付近でしたから

インナーワイヤーのみの交換で済みました。

実際の作業は

インナーワイヤーを通し、変速の操作感を確かめながら確認しました。

 

ワイヤーが軽く動くとストレスも軽減。

気持ち良くスポーツバイクを楽しむ為、異変を感じたら早目のご相談を。

  

注)バイクの修理には、その症状により短時間で直るものや、

バイクをお預かりして検証しなければいけないものなど様々です。

また特殊な部品を使用していて、部品の取り寄せや取り付けに

時間が掛かるのものがございます。

緊急の場合でも症状によっては

イベント終了後に再度お持ち込みをお願いする場合もございます。

予め ご了承くださいませ。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報