2019/03/11(月)

イベント&練習会レポート

総社店

サイクルモード大阪に行ってきました。

みなさんこんにちは、先日ソファーの上から降ってきた息子□︎2に背骨をやられてからなんとなくまっすぐ立てていない気がする草井がお送りいたしますWAVEBIKES総社店スタッフブログのお時間です。

 

本日は先日開催されたサイクルモードのご報告です。

いつもの怪しいメンツをひきつれて(笑)行ってまいりました。

 

サイクルモードIN大阪

今年は参加前から天気が怪しいのがわかってたので、若干不安になりながらも朝は小雨の状態で出発。

 

久々に乗る高速道路にビビりながら、「ココどこ??∑(゚Д゚)」  「こんなとこ見たことない!?」と言いながら気づけば茨木・・・

「大阪」に向かっているはずが目の前から「岡山」の文字の標識が見えた時は車内が凍りつきましたが、なんとか到着(笑)

前日が晴れだったこともあり、来場は前日の土曜に集中したらしく、メーカーの方曰くこれでも人は前日の半分以下だそうです。

 

とりあえず僕はメーカー様へ挨拶がてらグルっと回りました。

昨年もブースは出ておりましたが今年も旅をテーマにした「ブルーノ」のブースではコーヒーの提供もされており、自転車に興味がある方だけでなくアウトドア系のイベントとしても楽しめそうでした。

もうじきWAVEでも取り扱いが再開されるDAHONのブースもありまして、結構な方が試乗されておりました。

春の通学や通勤ににぴったりな車種ですね。

 

ボディが折りたためる手軽さも素敵。 小径ならではの良さがあります。

こちらは車メーカー「スバル」のブースでしたがこちらでは子ども向けのローラー台チャレンジが行われておりました。

 

バイクはジュニア向けでしたが、ローラー自体はワフーのキッカーとクライムが用意されておりズイフトを使って本格的なライドトレーニングをしてました。

ローラー台といえば忘れちゃならないのがこちらの「タックス」こちらも実際に体験させていただきましたが、独自のアプリと連動させることで、イタリアの石畳の振動を再現したりすることもできます。

 

静音性に優れているのももちろんですが、ハイエンドモデルはより実走行に近い感覚でできるのがすごい!!

専用アプリに設定されたコースと連動させ、コース上の段差を再現することができます。そして下り区間に入ると惰性状態の負荷も再現するので、ズイフトなどで、上り下りが非常にわかりやすく実際に走るような感覚で楽しめます。

ワフーブースでも実際にローラーを使用させていただきましたが、やはりワフーといえば、キッカークライム!!

ローラー台やズイフトと連動して、仮想コースの斜度の変化に応じてフロントフォークを上下させるスーパーアイテム(笑)

初めて実際に使用してみましたがこれは面白い!!

実走に近いというよりは。

 

面白い!!(笑)

 微妙な斜度の変化を再現してくれるのですが、正直1パーセントや2パーセント持ち上がったところでよくわかりません。急に斜度8パーセントとかになると違和感が半端無いです(笑)

 

でも面白い!!

ズイフトなどの室内用アプリをゲーム感覚で楽しむには必要不可欠なアイテムといっても過言ではありません。

 

今回はこれを実際に試せたのがいちばんの収穫かもしれません!!

近々お試しいただける環境をご用意しようと思いますのでお楽しみに!!(°▽°)

 

そして毎年お世話になっておりますこちらのブースにもお邪魔しました!!

イタリアの超メジャーメーカー!!

「ピナレロ」ブースに寄ってきました。

 

上の写真はメーカーの敏腕営業マンB谷氏による「医者の息子これ買って」です(笑)

 

こちらの写真のポイントは、「ドントタッチ」の札がついているボリデをベタベタ触るB谷氏です(笑)

 

と、言うのは冗談で嫌がらせのように2019年モデル発表後に発表された新型TTバイク「ボリデTR」です。

タイムトライアル専用マシンだったボリデがトップチューブやダウンチューブに、補給食などを入れることのできる通称ベン・トーボックスが装備可能になり、ジオメトリーもトライアスロン向けの楽なTTポジションが取れるようになっております。

僕も実物は初めてみたのでテンション上がりました。

こちらも急遽発表となりましたピナレロのグラベルロード!! 

 

「グレビル」です。

太めのタイヤと、特殊なジオメトリでオフロードからオンロードまでなんでもこなすスーパーバイクです。

残念ながら試乗は今回用意されておりませんでしたが、これは非常に気になります!!

ドグマと同じく、シマノの電動コンポに完全対応しておりますので、Aジャンクションが内蔵可能です。

こちらも急遽発表となりました。 ピュアレーシングシクロクロス!! 

 

「クロシスタ」

待望のシクロモデルがラインナップ。 グラベルロードよりも競技にむけて設計されているバイクなので用途は狭まると思いますが、オフロード用とは思えない重量です∑(゚Д゚)

今やそこまで珍しいこともありませんが、フロントシングルギアのコンポで組んでありましたがFD台座は取り付け可能なようなので、フロントをダブルにしてロード的な使い方もできるかも。

 

 

そしてBBは安定のねじ切りタイプ。 整備性が高いのはメカニック的にポイント高いです!!

 

そして個人的に気になったのがこちらのアルゴン18

カナダのバイクメーカー。コラムスペーサーを使わずポジション調整ができ、なおかつステムにアッパーベアリングを近ずけ、剛性を確保させる

3Dヘッドチューブが特徴の日本ではちょっとマイナーメーカーです(笑)

 

ワールドツアーチームのアスタナが使用して今活躍しているのでみたことある方もいるかもしれませんね。

エアロモデルの「ナイトロジェン」

軽量オールラウンダーの「ガリウム」

バイクラインナップはまだありますが正直この二台がメインのモデルになると思います。

今回試乗できたのはディスクモデルだけでしたが、リムのモデルも存在します。

こちらは僕の一押し。「ダークマター」(笑)

 

主に名前がおススメの理由です。 ちょっと乗ってみたいと思ってたのですが、今回は試乗車はありませんでした。残念。

若干ゴールドな感じのカラーも実物もかっこよかったです!!

 

とりあえず今回はこんな感じでいろいろと新製品 を見てまいりました!! 

カタログなんかももらってまいりましたので、なにか気になるものがあった方はお問い合わせください!!

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報