2019/02/15(金)

おすすめアイテム

高松店

4面キャッチのビンディングペダルのご紹介です。

高松店のyoshikiです。

丸亀ハーフ以降足の痛みもありまともに走っておらず先日、ナイトランで久しぶりに走ると少しの痛みはあったのですがそれよりも全然ペースをあげることができませんでした。

「継続は力なり」

ほんとその通りだと思いました。

 

 

さて今回はこれからビンディングシューズを使ってみようかな〜と言う方にオススメのビンディングペダルのご紹介です。

 

 

「クランクブラザーズ」と言うメーカーのペダルです。

 

このメーカーのペダルの特徴はとにかく外しやすいところです。

そしてもう1つタイトルでも述べていますがペダルの裏表という概念を覆す

4面キャッチのシステムです。

4面キャッチと言われてもピンとこないと思いますのでまずはこの写真をご覧ください。

ペダルを横から見るとこのような形状になっております。

×のような形になっています。

これが4面と言われる理由です。

 

そしてクリートはシマノのSPDとよく似たクリート形状ですが実はクランクブラザーズ専用のクリートです。

そしてどのようにしてこのクリートがはまるかというと、、、

隣り合うこの矢印の部分が互いに開くことでパチンッとクリートがはまります。

クリートがはまる際も他のビンディングペダルのように前側を引っ掛けてから踏み込むことではまるというよりも意外と踏み込むだけではまります。

 

そして外す際は他のメーカー同様かかとを外側に捻ることで外れます。

そしてこの外れるのがすごく特徴的!

 

パチンっと言わずスルッと外れる感覚です。

最初、

「あれ?外れた?」と思うくらい抵抗がなく外れます。

というのもこのメーカーのビンディングペダルは

クロスカントリーやシクロクロスなど咄嗟に取り外して足を地面につけたり、シクロクロスに関しては自転車から降りて車体を担いでダッシュしまた自転車にすぐ乗ってなどとにかくクリートの付け外しが多い競技向けに開発されたモデルが多いのです。

 

ペダルがすごく開放的なデザインをしているのも泥詰まりなどによってクリートがはまらないということを防ぐためです。

 

 

これだけ付け外しがしやすいと言うことでロードバイクで使用されている方もいらっしゃいます。

 

ただ個人的にはやはり外れやすい分、ダンシングやスプリントなどの際には外れる可能性もあるのでロードバイクでガンガン乗られる方には、、、、

 

しかし、ロードバイクでのんびりとサイクリング、通勤などの際、信号などによるストップ&ゴーが多い通勤ライダー、街乗りがメインの方など多くの方に気持ちよく使っていただけるビンディングペダルだと思います。

 

そして「クランクブラザーズ」のペダルですが今回ご紹介したモデルは

「エッグビーター」

このモデルにはグレードがあります。

素材がスチール、ステンレス、チタンなどによってグレードが変わります。

そしてカラーバリエーションも結構豊富なのもいいところです。

そしてこの写真の手前に写り込んでいるような

もっと踏み面を大きくしてペダルをキャッチしやすいエントリー向けのモデルもございます。

 

ぜひこれからビンディングペダルを使ってみようかな〜

と言う方はこの「クランクブラザーズ」の「エッグビーター」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

あと「クランクブラザーズ」のペダルを購入するとメーカーロゴステッカーがおまけで付いてきます!

ロードバイクでガンガン走られる方で付け外しのしやすいペダルをお探しの方はこれがオススメです。

以上、高松店の高橋から4面キャッチで付け外しのしやすいビンディングペダルのご紹介でした!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報