2019/02/11(月)

おすすめアイテム

高松店

ガーミンでもスマートトレーナーで仮想コースをライド

高松店のyoshikiです。

 

今回もまたまたスマートトレーナー関連の記事です。

それだけ今話題となっていますからね〜!

 

これまで紹介してきて「wahoo」のスマートトレーナー「キッカー」では「パイオニア」や「wahoo」のサイクルコンピュータに入っているコースデータの再現をすることができると紹介してきました。

そして多くの方が「ガーミン」のサイクルコンピュータでも同じことができないのか?と疑問に思ったことでしょう。

 

今回はその点についてです。

 

まず結論はなんとかできます(笑)

 

ではなぜそのような表現をしたのか、、、

 

まずは設定の仕方から。

本体のメニューから「トレーニング」を選択します。

そしてそこを開いて「トレーナー」を選択してお使いのスマートトレーナーと接続します。

そしてここからです。

コースデータを選択します。

そのコースデータも実際に走ったルートはもちろん、自分で作成してまだ走ったことがないコースデータも選択できます。

 

そしてここからが先ほどの

結論のなんとかできますの核心に触れていきます!

まずはこの写真をご覧ください。

これがコースデータを走行している最中の画面です。

 

どういうことかと言うと、

スマートトレーナーの方ではしっかりとコースデータを元に自動で負荷の調整をしてくれるのですがその時の斜度やコースマップのデータをサイクルコンピュータの画面に表示させることができません。

 

しかし「キッカークライム」は仮想コースに合わせてちゃんと作動しておりました。

 

今現在では、やはり「パイオニア」「wahoo」のサイクルコンピュータがスマートトレーナーとの相性がいいですが

ガーミンのサイクルコンピュータのシステムアップデートに期待です!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報